ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

ヤクルト・広島スカウト「判断材料少なく難しい」

2020年05月21日

毎日新聞websiteより (source)
夏の甲子園中止を受け、プロ野球のスカウトからは「評価ができない」「判断材料が少なく、非常に難しい」との声が上がった。アマ野球は春のセンバツの他、全日本大学選手権や社会人の日本選手権も中止になっており、各球団は11月に予定されている新人選手選択(ドラフト)会議の戦略作りで頭を悩ませそうだ。

ヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクは「安全第一なので判断は尊重したいが、例年並みの水準のドラフトは難しくなる」との見通しを示した。橿渕デスクは、練習で確認できる選手の球速や足の速さに加え「試合に向けた調整能力や、緊張感のある中で力を発揮できるかという部分」を評価ポイントに挙げる。

春季大会も中止になったため「公式戦ならではのチェックが全くできない。例年とは違う判断材料を見つけてやっていくしかない」と話した。

全国から実力校が集う夏の甲子園には、地区ごとに担当が分かれる各球団のスカウトも集結し、選手のクロスチェックを行う。だが、今年は中止によって複数のスカウトによる確認や選手の比較ができなくなった。

広島の苑田聡彦スカウト統括部長は「東北の選手がいいと思っていても、九州の選手が出てきたら数段上ということはある。見比べは必要」と甲子園視察の重要性を指摘する。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で例年通りの活動ができないため、各球団のスカウトは自宅で動画を確認したり、電話で情報収集をしたりしている。ある球団のスカウトは「緊急事態宣言が全て解除されても、学校が見学を受け入れてくれるか」と懸念した。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 07:01│ │ヤクルト | 広島
ドラフトニュース検索