ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

あのドラフト選手は今、藤江均(ドラフト2位)

2020年05月22日

夕刊フジ26面「俺の人生第二幕」より

2008横浜ドラフト2位 藤江均
東邦ガス・投手

DeNA、楽天で166試合に登板し、最後は米独立リーグのマウンドで完全燃焼した藤江均氏(2008横浜2位)。引退後は大阪・難波で焼肉店「39ごりら」を営む。コロナ禍にどれだけ打ちのめされても、この戦いは自分が“完投”する覚悟だ。

ウチの店は表に「生ビール190円」と出しているように、薄利多売でやってきました。悪いときでも300万円以上あった売り上げは、コロナの影響で3月に半減。それでも、何とか固定費を払っていけるくらいにはなっていたのですが、4月7日に緊急事態宣言が発出されました。

大阪府の要請で飲食店の営業は午前5時から午後8時まで。「安くておいしい」とお客さんには好評いただいていましたし、時短営業で続けることは可能でしたが、周辺の飲食店は4月に入って軒並み休業。自分の店だけ開けていても「不謹慎だ」と言われかねませんし、断腸の思いで足並みをそろえました。

休業にあたって、やはり大きいのが家賃などの固定費。入ってくるものがないのに、出ていく一方ですから。それでも、従業員は絶対に守ろうと決めていました。簡単に人を減らすようなことはしたくなかったんです。

府の休業要請支援金で中小企業は100万円を申請できますが、ウチの場合は家賃30万円ほどに光熱費や人件費を合わせた固定費の2カ月分に満たない額。休業期間は短いほどありがたいというのが本音でした。

幸い感染拡大の勢いが弱まりつつあることで、近畿では奈良、滋賀、和歌山で緊急事態宣言が解除。大阪は宣言は続くものの、16日からは飲食店の営業時間が今までより2時間遅い、午後10時まで緩和されました。

ウチの店も再開。当面は午後5時から10時で営業します。まだまだ状況は苦しいですが、確実に光は差してきています。自治体の出した感染対策を守りつつ、お客さんに戻ってきてもらえればうれしいです。

お店を休んで感じたのが、人のつながりのありがたさですね。助成金の申請も知人が助けてくれた。いろいろなところで言われていますが、手続きは本当に大変。相談できる人がいたことに感謝です。「店を再開したら絶対にまた来るからね」と言ってくれたお客さんもたくさんいます。

経営と並行して、活動開始から3年目を迎える関西独立リーグ・堺シュライクスのコーチも務めていますが、コロナの影響でチームは休止中。再開しようにも、練習や試合を行うグラウンドが使えない。先が見えないのはこちらも同じです。

シュライクスはNPB球団入りを目指すとともに「最後までやり切った」という実感を得るための場でもあります。何とか選手たちに野球をやり切らせてあげたい。私自身、DeNA、楽天でお世話になり、最後は米独立リーグまでプレーの場を求め、やり切った感覚を持てました。自分の経験から伝えたいことはまだたくさんあります。



下は2008ドラフトで横浜(DeNA)が指名した選手です。藤江均は2位指名入団。プロでの成績はこちら

横浜の2008ドラフト指名選手
1位松本 啓二朗早稲田大外野手
2位藤江 均東邦ガス投手
3位山崎 憲晴横浜商大内野手
4位細山田 武史早稲田大捕手
5位小杉 陽太JR東日本投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:53│ │広島 | あのドラフト選手は今・・・
ドラフトニュース検索