ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

あのドラフト選手は今、葛城育郎(ドラフト2位)

2020年06月12日

夕刊フジ26面「俺の人生第二幕」より

1999オリックスドラフト2位 葛城育郎
立命館大・外野手・22歳

オリックス、阪神で活躍した葛城育郎氏(1999オリックス2位)。甲子園のお立ち台で上げた雄叫びはいまだに虎党の語り草だ。現役引退後に球場と同じ兵庫県西宮市内に開いた料理店は、その名も「酒美鶏(さけびどり)葛城」。溶岩プレートで焼いて食べる地鶏が好評を博してきた。

長期戦となったコロナとの闘いでも、バイプレーヤーとして生きる道を探した経験が生きている。

もともと2月は野球界が春季キャンプということもあり、客足は鈍いんです。一気にお客さんが減り出したな、と感じたのは3月上旬のこと。歓送迎会が一斉にキャンセル。さらにオープン戦が無観客試合となったのも響き、例年の半分くらいしか入りませんでした。

4月はさらにひどくなり、売り上げは例年の3割まで落ち込んで頭を抱えました。それでも14人のスタッフを守るには、お店をたたむわけにはいきません。兵庫県では飲食店の営業短縮の給付金はわずか30万円で、私の業種は休業要請の対象に入らず。

私1人が店に立ち、午後5-8時の短縮営業でしのぎましたが、34席の店にお客さんがゼロの日もあり、さすがにこたえました。

開店以来の大ピンチ。「打てる手は打とう」と思って始めたのが、ランチタイムの持ち帰り弁当でした。店の裏メニューのカレーから、ハンバーグ、ホルモン丼など初挑戦の商品まで8種類を投入。店内飲食と比べれば正直、客単価はすずめの涙です。

それでも阪神の現役選手まで「頑張れよ」と買いに来てくれて、本当に勇気づけられました。5月7日からは営業を午後10時まで延長。現在は午前0時までの平常営業となりましたが、午後9時を過ぎると新規のお客さんはまだ来ません。

なかなか先が見えない状況ですが、救いは店の家賃がまだ安かったことです。大阪・北新地、神戸・三宮などの歓楽街と比べれば、感覚的には3分の1くらい。阪神の後輩たちでも、北新地で鶏料理店を営むサジキ(桟原将司氏)やバーを開く浅井(良氏)のことは心配です。家賃が違えば仕入れや収入にも直接、響きますから。

私が鶏の卸売市場などの修業を経て、2013年8月に西宮の下町に店を構えたのは、プライベートでなじみがあったからではありません。候補地を歩く中での「直感」でした。

阪神西宮駅に近いのに当時、ここは意外に寂れていて人も少なかった。でも、正月は多くの人でにぎわう西宮神社も近いし、集客がある程度は見込めると思ったんです。今では阪神・矢野監督ら球界関係者や野球ファンだけでなく、地元の方も来てくださる。本当にありがたいですね。

現役時代は「隙間産業」の中を生きました。レギュラーではなくバイプレーヤー。代打出場、守備固め、内外野で枠が空いた方へ行ったり。必死に「埋め合わせ」をする気持ちは人より強い。そうすることで、チームもいい形で回り出すんです。

お店はまだ通常営業にはほど遠いですし、第2波のことも考えないといけない。でも今の原動力には、そこでの経験が生きていると思います。



下は1999ドラフトでオリックスが指名した選手です。葛城育郎は2位指名入団。プロでの成績はこちら

オリックスの1999ドラフト指名選手
1位 山口 和男 三菱自動車岡崎 投手
2位 葛城 育郎 立命館大 外野手
3位 迎 祐一郎 伊万里商高 投手
4位 岩下 修一 三菱自動車岡崎 投手
プロ入り後の成績


ドラフトニュース検索