ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2020ドラフト、高校生ドラフト候補の人気は不変

2020年07月03日

7/2、日刊ゲンダイ26面より
球児の夏が始まった。1日、各都道府県高野連による高校野球の独自大会が、岩手を皮切りに本格的に開幕した。北奥地区予選では水沢商が強豪・専大北上を8―7で下した。

コロナ禍で夏の甲子園と地方大会が中止となり、8月に行われる甲子園交流試合に出場する32校以外の高校3年生にとっては、最後の舞台となる。6月に高校生の視察が解禁されたプロのスカウトも、逸材のチェックやまだ見ぬ才能を発掘すべく、独自大会の視察に奔走するという。

パ球団のスカウトは、「土日に試合を開催する都道府県が多く、すべてをカバーできなかったり、球場視察が認められない地方があるかもしれませんが、近年は各球団ともに育成を重視する傾向があり、高校生の視察が大事であることに変わりありません」と、こう続ける。

「今年は社会人に逸材が少ない上に、大学生もコロナ禍で実戦の機会が大幅に減った。特にコロナ感染者が多い関東圏では、明大のように今も自主練習を継続している学校もある。六大学、首都リーグの公式戦開催は早くても8月。東都は9月上旬です。

その点で高校生は、コロナ禍で春夏の甲子園、地方大会が中止され、視察機会が失われる懸念すらあったが、甲子園交流試合と合同練習会の開催が決定した。今年は、奥川(ヤクルト)や佐々木(ロッテ)のような飛び抜けた選手はいないが、中森(明石商)や井上(花咲徳栄)など好選手が多い。高校生は素材の良さや伸びしろを重視しているため、実戦経験が少ないからといって、必ずしも評価が下がることはありません」


この日は、高野連が甲子園交流試合の実施要項を発表。NHKと在阪局の朝日放送が試合を中継することが決まった。昨年のドラフトでは育成を含めて全107人が指名され、高校生は最多の50人を占めた。今年も高校生人気が続きそうだ。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 07:01│ │ドラフト展望 
ドラフトニュース検索