ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中森俊介&小林樹斗、ソフトB・DeNA・ヤクルトの声

2020年07月05日

THE PAGEより (source)
プロ注目の151キロ右腕、明石商・中森俊介投手(動画)は4日、明石商グランドで行われた智弁和歌山との練習試合で今年初めて先発し、5回72球で1安打1失点の好投を見せた。9球団27人のスカウトが集結する中、5連続を含む毎回の11三振を奪った。

(途中略)

ネット裏のスカウト陣の評価も急上昇していた。ソフトバンクの永井智浩編成育成本部長/スカウト・育成部長は、こう言う。「2週間前に見たときはコロナ明けで立ち投げ程度。きょうは指先にボールがしっかり掛かっていたし、完成度の高い投手です」

横浜DeNAの左腕王国を作った吉田孝司チーム統括本部顧問も「高校生にしては出来上がっている。コントロールいいし、体もどっしり。コロナで心配していたが、きょうのピッチングを見て安心しました」と高評価。

ヤクルトの前監督である小川淳司GMは、「生で見るのは初めて。トータルでレベルが高い投手だ。変化球の精度もあるし、ピッチングがうまい」と驚いた様子だった。各球団の編成トップが“ダブルチェック”のため明石まで足を運ぶのだから、中森が今秋のドラフト1位候補であることは間違いないだろう。

実は、この試合ではもうひとつ”見せ場”があった。それは、昨春のセンバツ準々決勝の因縁対決の再現だった。ドラフト候補である来田は、智弁和歌山の小林から史上初の先頭弾&サヨナラ弾を放ったが、その再戦が8回に実現したのだ。小林(動画)はオール直球勝負。

最速148キロを出し、来田は、フルカウントから3球ファウルで粘ったが、最後は遊飛に倒れた。「来た球に全部反応しようと思った。必死でした。最後はミスショット」。“リベンジ“を許した来田も悔しさを隠さなかった。

男気を感じさせるガチンコ勝負に西武・渡辺久信GMも、「小林君は全部が内角直球。いやあ。青春だね。いいね」と拍手を送っていた。夏の甲子園は中止となったが、兵庫県の独自大会は7月18日から8月7日までの12日間、ベスト8で終了のルールで行われ、その組み合わせは7月6日に発表される。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 08:57│ │ソフトバンク | 横浜DeNA
ドラフトニュース検索