ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

川瀬堅斗(大分商)、巨人・ロッテ・日ハムが熱心

2020年07月07日

7/7、日刊スポーツ終面より

川瀬堅斗(大分商高・投手)
182cm・右投右打・動画

大分商の最速147キロ右腕で主将の川瀬(動画)が、8月に甲子園で行われる交流試合で150キロ超えを狙う。4歳上の兄はソフトバンクの晃内野手。堅斗もドラフト候補で目指すは兄弟でのプロ選手だ。

コロナ禍で活動自粛中だった3月11日、自宅のテレビで出場予定だった今春のセンバツ中止を知った。「頭が真っ白になった。悔しくて、すぐに切り替えられなかった」。夏の全国高校野球選手権大会も中止となり、甲子園で150キロの夢は絶たれたかに見えた。

だがまさかのサプライズでチャンスが到来。「甲子園で150キロの球を投げるという目標を実現できる日がきた」と燃えている。

明大からドラフト1位で広島入りした同校OB、森下魂も伝承する。直伝のカットボールやチェンジアップも武器に聖地を楽しむつもりだ。昨秋、森下が大分に帰省した時に指導を受けた。「どうしたら直球と同じ投げ方で変化球を投げられるか。チェンジアップの握りや抜き方を習った」。

渡辺正雄監督が「タイプは違うが伸びしろは、森下と一緒。だが森下にないエンジンの大きさ、ダイナミックさがある」と評す逸材は、現在進行形でスケールアップ中だ。

中3の秋、交通事故で頭蓋骨骨折など、生死をさまよう大けがを負った。だが奇跡的な復活を遂げ、特に熱心とされる巨人、ロッテ、日本ハムなど12球団に注目される九州屈指の快腕に進化した。20日に初戦を迎える大分県独自の代替大会を制して甲子園の交流試合に乗り込み、高校生活の集大成を飾る。



川瀬君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:02│ │巨人 | ロッテ
ドラフトニュース検索