ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

ドラフト田沢ルール、改正議論に含み

2020年07月14日

7/14、西日本スポーツ5面より
米大リーグ、レッドソックスなどで活躍し、独立リーグのルートインBCリーグ埼玉に入団した田沢純一投手は13日、埼玉県熊谷市で記者会見し「いろいろ迷ったところはあるが、このチームでプレーしようと決めた。できる限り貢献できることを頑張っていきたい」と意気込んだ。背番号は36に決定。

2008年に目玉とされたドラフト会議で指名を拒んでレッドソックス入りし、波紋を呼んだ。アマチュア選手が直接メジャー移籍した場合は一定期間、プロ野球でプレーできない規定が導入される契機になり「少しでも、そういったルールがなくなってくれたらいいなという気持ちはある」と語った。

将来的な大リーグ復帰や日本のプロ野球でのプレーは「今は考えていない。まずはこのチームで頑張ることが大事。その後、またいろいろなものが変わってくれば話は変わってくるんじゃないかなと思う」と慎重に話した。

田沢は08年の渡米の影響で設けられた田沢ルールについて「個人的にはそういうルールがなくなってくれればいいという気持ちはある」と心境を口にした。アマチュア選手がドラフト指名を拒否して海外入団と契約した場合、帰国後に高卒は3年間、大卒と社会人卒は2年間はNPB球団と契約できないという申し合わせがある。

13日に都内で行われたオーナー会議後、このことを問われたDeNA・南場オーナーは「今後の議案になっていこうかと個人的には思っている」と改正議論に含みを持たせた。


2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 13:23│ │ドラフト制度 
ドラフトニュース検索