ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

斎藤佳紳(近大泉州)、オリックス評価も大学進学へ

2020年07月20日

日刊スポーツwebsiteより (source)

斎藤佳紳(近大泉州高・投手)
179cm・右投右打・動画

阪神糸井を三振に仕留めた球児が、近大泉州を夏の初戦突破に導いた。MAX147キロ右腕斎藤佳紳(動画)は、8回表1死三塁から登板。同点のピンチをしのぎ、1回2/3を被安打1、奪三振2、無失点でクローザーの役目を果たした。

私学強豪対決の正念場、斎藤に出番がやってきた。1点リードの1死三塁。速球で2死とし、スライダーで三振を奪い、窮地を脱した。4点リードになった最終回も無失点。最後の打者を右飛に打ちとり、ガッツポーズで締めた。「覚悟を持ってマウンドに上がったので、勝手に声が出た」。

打者6人に18球。1球ごとに「フンッ!」とうめき声がもれた。ネット裏で見守ったオリックス・下山スカウトのスピードガンは最高142キロを計測。「前へ前へと気持ちが出ている。将来が楽しみ」と、力投ぶりをほめる

とんでもない武勇伝がある。斎藤は京都府与謝野町出身。同町の岩滝小6年の正月に、里帰りして、岩滝少年野球クラブに顔を出した当時オリックス糸井嘉男とサプライズ企画で対戦した。

「糸井さんは軟式用バットでしたが、真っすぐで2個、三振を取りました」。勝負は3打席。残る1打席は一発を浴びた。「軟球がひしゃげて破裂するぐらい、すごい当たり」。プロ野球選手VS小学校6年生。文字通り、大人と子供の手合わせだが、斎藤は今も「真剣勝負」と信じている。

糸井の実家と自分の実家は徒歩5分。祖父同士が親交があり、斎藤は何度も糸井グッズをもらった。「与謝野町のプロ野球選手と言えば、糸井嘉男。その次は僕、と思っています」。卒業後は大学進学、4年後にプロ、そして「将来は田中将大投手みたいなメジャーリーガーに」と言い、夢のシナリオは無限に広がる。

(7月19日 大阪大会1回戦 近大泉州 5-1 大阪偕星学園)



斎藤君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00│ │オリックス | 大学
ドラフトニュース検索