ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

小辻鷹仁(瀬田工)、西武が将来性を高く評価

2020年07月20日

7/20、スポーツニッポン6面より

小辻鷹仁(瀬田工高・投手)
181cm・右投右打・動画

颯爽と167球を投げ抜いた。瀬田工の小辻(動画)は、8回に足をつるアクシデントに見舞われながら苦しさなど微塵も見せず、9回も涼しい顔で連続三振を奪うなど3人で締めた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で実戦不足から8四球を与えたが、2安打1失点完投。145キロを計測した生命線の外角低め直球は痛打されることなく、13三振を奪った。 「変化球は(ストライクが)入ってなかったですが、ストレートは良かった。次回までに体の開き、抜け球を修正したい」

2回までに5奪三振と上々の立ち上がり。4回に四球と暴投など無安打で失点したが、6回以降は無安打で最後まで相手打線を寄せ付けなかった。

同校OBには、82年春に甲子園出場を果たし「トレンディーエース」として日本ハムなどでも活躍するなど通算127勝をあげた西崎幸広がいる。小辻自身は1メートル81、82キロのがっしりとした体型で細身ではないが、丸刈り禁止の同校野球部において、さわやかな髪型などは昨今の潮流に乗った“トレンディー”そのものだ。

この日は阪神など4球団が視察。西武の潮崎哲也編成グループディレクターは「体が強そうだし、根性もありそう」と将来性を高く評価した。

「入学したときは、自分でもここまで来られるとは思っていなかった」と謙遜するが、最速は147キロを計測するまでになった。打撃でも高校通算11本塁打で4番も務めるなどセンス抜群な「令和のトレンディーエース」が狙うのは頂点だけだ。

(7月19日 滋賀大会1回戦 瀬田工 5―1 国際情報)



小辻君のスカウト評はこちら

小辻君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 14:40│ │西武 
ドラフトニュース検索