ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

小深田大地(履正社)、阪神・オリックス高評価

2020年07月23日

7/23、スポーツニッポン6面より

小深田大地(履正社高・三塁手)
178cm・右投左打・動画

都道府県高野連が独自開催する代替大会は22日、8大会で計23試合が行われた。大阪では、昨夏の甲子園大会を制した履正社が今秋ドラフト候補の小深田大地内野手(動画)の2ラン本塁打などで14点を奪い5回コールド勝ちした。

夏の始まりを告げる号砲だった。4―1の2回1死一塁。小深田が一振りで勝利への流れを引き寄せた。「入るかなと思った。よく伸びてくれました」。外角直球を逆らわずに捉えると、打球は高い弧を描き、バックスクリーン左の防球ネット上部を直撃した。

先発出場した実戦では5試合連続となる高校通算34号。阪神、巨人など6球団のスカウトが視察する中で持ち味のパワーを存分に示した。

好調維持の秘けつは意識改革だ。「打ちたい打ちたいではなく、全部ピッチャーライナーでいい」。練習から長打を狙わず、センター中心の打撃を徹底してきた。アッパースイングにならないよう素振りから「上から叩く意識」を体に染みこませている。本塁打に2二塁打で3打数3安打4打点。力だけでなく、確実性も身につけてきた。

成長はスカウト陣にも伝わった。阪神・渡辺スカウトは「飛ばす能力もあるが、狙った球を一発で仕留められている」と確率の高さを評価、オリックス・谷口スカウトも「高校生の中ではトップクラスの打撃力」と認めた。

最も近くで成長を見守ってきた岡田龍生監督も「(打席で)間が取れだしてボールと自分との距離が取れてきた」と目を細めた。

昨夏の甲子園大会で悲願の初優勝を果たしたが小深田自身は星稜との決勝戦では無安打。甲子園に忘れ物がある。「星稜戦に向けても、しっかり準備したい」。交流試合、ドラフト…。一つずつ目標をクリアしていくため、目の前の試合に全力を尽くす。

(7月22日 大阪大会2回戦 履正社 14-1 北かわち皐が丘)



小深田君のスカウト評はこちら

小深田君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 08:20│ │阪神 | オリックス
ドラフトニュース検索