ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

蓼原慎仁(桐生第一)に5球団、ソフトバンク高評価

2020年07月29日

7/29、日刊スポーツ7面より

蓼原慎仁(桐生第一高・投手)
180cm・右投右打・動画

桐生第一・蓼原慎仁(動画)は初回からエンジン全開だった。自己最速タイの144キロを含め140キロ越えを連発。「初回は良かった」と好感触をつかんだ。2死から唯一の安打となる左翼線二塁打を許したが、打たれたのは変化球。直球は捉えられなかった。

奪三振は2と少ないが、代わりに15アウトのうち11ものフライアウトを重ねた。1分あたり2300回転する、プロ並みにホップする直球で押し勝った。直球の割合はおよそ8割。「気合を入れて投げた」と力勝負を挑んだ。

好投したが、プロを目指す右腕は伸びしろをアピールした。「自分としては納得してない。クイックの時にストライクが入らなかったり、四球を出してしまった。まだまだ向上する余地があると思う」。

プロ5球団が視察し、ソフトバンク・福元スカウトは「ストレートをちゃんとコントロールできていた。上出来だと思う。素材としては申し分ない」と潜在能力の高さを評価した。

蓼原の生まれは東京だが、5歳まで母ナタリアさんの祖国ロシアの首都モスクワで暮らした。ミドルネームは、ロシア人初のプロ野球選手スタルヒンと同じ「ヴィクトル」。自分と同じく、外国の血を引くダルビッシュ(カブス)をあこがれの選手に挙げる。

桐生第一は8月10日から甲子園で行われる交流試合にも出場する。「甲子園に出るチームは優勝しなければならない」と蓼原。昨秋の県王者の誇りを胸に今夏も優勝を目指す。

(7月28日 群馬大会2回戦 桐生第一 5-2 高崎商大付)



蓼原君のスカウト評はこちら

蓼原君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 06:56│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索