ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

今村拓哉(関東第一)、中日「制球が素晴らしい」

2020年08月03日

8/3、スポーツ報知websiteより (source)

今村拓哉(関東第一高・投手)
182cm・左投左打・動画

最速は138キロ。それでも、関東一の今村拓哉投手には狙って三振を取る能力がある。スムーズで力みのないフォームから、精密な制球力で低めの両隅に投げ込むことが出来る希少なサウスポー。初回、2番の高橋大輝遊撃手をインローのカーブで、続く3番・林慎ノ輔三塁手は膝元のストレートで、見送り三振とした。

「コントロールが素晴らしい。簡単に変化球でストライクが取れる。大学に行っても、すぐに通用しそう」と評価したのは、中日・小山スカウトだ。9回を無失点で投げ切り、三振の数は「11」にのぼった。

3―0とリードして迎えた6回の投球。内野手の失策で先頭を塁に出すと、次打者に四球を与えた。“らしくない”形で広げたピンチ。ここで、今村は一段ギアを上げた。3番の林は、初回と同じようなコースのボールで空振り三振に。次打者を右飛で打ち取り、5番・藤塚晃佑捕手からも、内角低めの直球で空振りの三振を奪った。

「ピンチでも強気にインコースに投げ切ることが出来てよかった」と納得の表情で振り返った。公式戦での完封勝利は、昨秋の都大会1次予選の拓大一戦以来、2度目。「昨年夏の王者として、絶対に優勝したい」という目標達成に弾みをつけた。

(8月2日 東東京大会4回戦 関東一 4―0 立正大立正)



draftkaigi at 06:55│ │中日 
ドラフトニュース検索