ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

小辻鷹仁(瀬田工)、阪神・オリックス高評価

2020年08月09日

日刊スポーツwebsiteより (source)

小辻鷹仁(瀬田工高・投手)
181cm・右投右打・動画

最速147キロを誇る今秋ドラフト候補の瀬田工・小辻鷹仁投手(動画)が先発し、貫禄の投球でチームを8強入りへ導いた。5回まで2安打無失点。6回以降は右翼守備についたが、9回に再登板しピンチを切り抜けた。9日準々決勝は近江との大一番。土田龍空内野手との「プロ注対決」を制し、4強進出を目指す。

1度は降りたマウンドに、エースが戻ってきた。6回以降右翼守備に就いていた小辻が、1点リードの9回無死一塁で再登板。ギアを上げた直球は、トータルで100球に迫っても、この日最速の144キロを計測した。最後は「狙っていた」と10個目の三振で締めた。

ピンチで頼れる速球だが、それ以上に追求していたものがある。この日のテーマは「テンポとコントロール」。初回に2安打と四球で満塁のピンチを作ったが、その後は無安打。「70%の力」で直球と縦横2種類のスライダーを軸に主導権を握った。

「マシンを速めに設定して打ち込んできた」という北大津打線を5回まで2安打無失点。初戦で8四死球と課題だった制球も、この日は2四死球に抑えた。「力まない方がキレが増した」と連戦に対応できる新スタイルに手応えを感じた。

すでにプロ志望届は提出済み。この日は阪神、オリックスなど5球団のスカウトが熱視線を送った。阪神・畑山統括スカウトは「丁寧に投げていた。ピンチで力を入れたり、いろんなことができると見せてくれた」と評価。

投げるたびに高まる注目度に小辻は「モチベーションになる。自分のことをみんなに知ってもらいたい」。期待を力に変える性格も頼もしい。

▼オリックス・下山スカウト
「(小辻について)先を見据えて、出し切っていない中でこの三振の数は力があるということ。変化球もストライクを入れる能力がある」


(8月8日 滋賀大会3回戦 瀬田工 2―1 北大津)



小辻君のスカウト評はこちら

小辻君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 06:57│ │阪神 | オリックス
ドラフトニュース検索