ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

通算61本塁打の阪本和樹(松阪商)、中日が高評価

2020年08月09日

8/9、スポーツ報知websiteより (source)

阪本和樹(松阪商高・外野手)
179cm・右投右打・動画

プロ注目の松阪商の主砲・阪本和樹左翼手(動画)は三重の準決勝でいなべ総合学園に敗れ、高校通算61本塁打で最後の夏を終えた。同じくプロ注目の相手エース・伊東邑航投手の前に4打数1安打3三振だった。

最後の試合は不発で終わった。阪本は、いなべ総合学園の伊東に封じられて「自分のスイングをさせてもらえなかった。悔しいです」と言葉を詰まらせた。チームは0―1の9回に一時逆転したが、サヨナラ負けを喫し、決勝を前に特別な夏を終えた。

4回先頭の2打席目に空振り三振した際、「俺の時だけボール(の勢い)が違う」とスタンドまで届く声を発した。対戦後、いなべ総合学園の田所宗大捕手と言葉を交わす機会があり「やっぱり投げるボールを変えていたみたいです」と徹底マークを受けていたことを明かした。しかし「対戦したかった投手と接戦で戦えたことは思い出」と下を向かなかった。

今大会は海星との3回戦で、松井秀喜氏(星稜高時代に60本塁打)を超える高校通算61本目となる本塁打を放った。「自分の力で遠くへ飛ばせるところが持ち味」と、フルスイングが持ち味で、広島・鈴木誠也に憧れている。甲子園には1度も出場できず、全国的には無名の存在だが、プロもそのパワーに注目。

この試合にも巨人、阪神、中日の3球団が視察に訪れ、中日・中田アマスカウトアドバイザーは「ツボに来た球をつかまえる力がある。スイングも力強い」と右の強打者として評価した。

「ここで終わりではない。悔しさを踏まえて、上(プロ)でやっていきたい」と、三重の大砲はプロ志望届を提出する予定だ。次なる最高峰の舞台では全国に名をとどろかせたい。

(8月8日 三重大会準決勝 いなべ総合学園 3―2 松阪商)



阪本君のスカウト評はこちら

阪本君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 08:14│ │中日 
ドラフトニュース検索