ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

片山楽生(白樺学園)、日本ハム「これからの選手」

2020年08月18日

日刊スポーツwebsiteより (source)

片山楽生(白樺学園高・投手)
175cm・右投左打・動画

特別な夏が終わった。白樺学園(北海道)は交流試合最終日最後の試合で、山梨学院に3-8で敗れた。相手の校歌を聞きながら、白樺学園エース・片山楽生投手(動画)の目から涙がこぼれた。「つらいこともあったけど、これで終わりなんだなと思ったら涙が出てきた」。

先発し5回被安打4、4奪三振2失点で交代。その後、一塁に回り、9回の守備の途中でベンチに下がった。納得いく内容ではなかったが「泣いても笑っても最後。できることをすべてやろうと。2失点したが自分らしい投球はできた」とすっきりした表情で振り返った。

最初の打席で甲子園初の申告敬遠を受けた。3回の打席では右腕に死球を受けた。「腕の力が入らなくなったが、最後のマウンドだし、気持ちで投げた」。この日の最速は自己最速に及ばない142キロ。「北大会では145キロを出しても簡単にはじきかえされたので、速さより制球や変化球をどう織りまぜるかで勝負した」。

36度の酷暑の中、ゲームをつくった。視察した日本ハム・大渕スカウト部長は「150キロ近く出て調子がいい時も見ています。今日のスピードはそんなに出てませんが、本来のもっといい時を見ています。今日の結果だけで判断はしません。体のバランス、キレもある。これからの選手」と話した。

プロ志望の気持ちは強いが、今後については北海道に戻ってゆっくり考えて決める。「監督や両親と話し、どうしたいか考えたい。今の時点では進学かプロ志望か五分五分。落ち着いたらゆっくり甲子園の映像も見直したい」。休みながら徐々に次のステージへ目を向けていく。

(8月17日 甲子園交流試合 山梨学院 8-3 白樺学園)



片山君のスカウト評はこちら

片山君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:00│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索