ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

スカウトの逆襲、「中部地区の高校生遊撃手が面白い」

2020年08月24日

8/24、日刊ゲンダイ37面「スカウトの逆襲」より
「結果だけ見ればそうかもしれないが……」。甲子園の交流試合は16試合で3本塁打。視察してきた部長に「特に野手はパッとしなかったんじゃないですか?」と水を向けると、こんな答えが返ってきた。

「花咲徳栄の井上、明石商の来田、東海大相模の西川、履正社の小深田・・・このあたりがボカスカ打てば評価も上がったかもしれない。重要なのはプロで通用するだけのものを備えているかどうか。脚力、肩の強さ、バットスイングの軌道や振りの鋭さなどは、結果にかかわらずチェックできる。それを見極めるのがオレたちの仕事だからな」

今年の甲子園は、1球団につき2人のスカウトしか入ることができなかった。ウチは部長やエライさんたちが交代でチェックして、オレは当然のことながら留守番。他球団もだいたい似たような体制だろう。

最初はオレの目を信用してないのかとムカついたけど、1試合という限られた中で選手の能力を見極めるのは至難の業だし、責任も大きくなる。実は甲子園組から外れてホッとしてる部分もある。

「野手のグラブさばきや肩に関しては、試合前のノックがかなり参考になった。ただ、やっかいなのは足だ。一塁まで走るスピードをストップウオッチで測るんだが、打った直後の体勢によってタイムも違う。やたらと足が速く回転してるように見えて実は遅いのがいるかと思えば、逆にどう見ても速そうじゃないのにストライドが大きくタイムが秀逸なのもいる。チェックする機会の少ない高校生の評価に関していえば、今年は球団によってかなり差が出るだろうな。ま、性格も含めて最終的にはおまえたち担当スカウトの調査が重要になるんだぞ」

えっ、オレ? いきなり火の粉が降りかかってきたけど、まさかオレが担当する地区の選手に目を付けてきたわけじゃないだろうな。

「甲子園で面白いと思ったのはある遊撃手だ。足が速く、守りもいい。バッティングも磨けば光るんじゃないか? 振りはいいし、ヒットにはならなかったが、鋭い打球を放ってたから」

遊撃手だけで32人もいたんだ。それだけじゃ分からない。せめてどの地区の選手か教えて欲しいとしつこく聞いたら、「中部地区」と部長。オレの担当じゃないことが分かって、ホッとしたのは間違いない。この酷暑の中、改めて調査に行くのはさすがにしんどいからね(苦笑い)。

(プロ野球覆面スカウト)



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 07:01│ │高校 
ドラフトニュース検索