ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

巨人、ドラフト1位最有力候補に佐藤輝明(近畿大)

2020年08月29日

8/29、スポーツ報知終面より

佐藤輝明(近畿大・三塁手)
187cm・右投左打・動画

原巨人の今秋ドラフト戦略が判明した。この日の編成会議で来季に向けたチーム編成の大枠を話し合った。その中でドラフトの方針も議題に上った。

大塚副代表は「1位は野手の即戦力。投手も、去年は高校生にいったけど即戦力。(先発の)頭数が足りない」と説明。関係者の話を総合すると、近大の佐藤輝明内野手(動画)が1位の最有力候補に浮上した。

佐藤は186センチの恵まれた体格から広角に長打を放つパワーが最大の魅力。50メートル走6秒0の快足も備え、その高い身体能力から、近大の先輩を引き合いに「糸井2世」と評される。守備も外野に加え一、三塁も守れる。2年夏には大学野球日本代表に選出され、日米大学野球、ハーレム国際野球大会にも出場した。

今年2月、当時の長谷川スカウト部長(現・編成本部付部長)は「パワーがすごい。柳田が大学生の時よりもパワーはあるかもしれない。柳田は引っ張り専門だったけど、彼の方が広角に長打が打てる」とソフトバンク・柳田超えの評価を与えていた。

巨人の今オフの補強ポイントは長打力のある外野手と先発投手。10月26日のドラフト会議まで2か月を切った時点での早期方針表明には、今秋の候補の事情も大きく働いた。比較的“豊作”と言われる投手に比べ、野手は即戦力が少ないという。

佐藤は阪神、DeNAなども高く評価しており、競合となる可能性もあるが「万が一外れても投手はそろっている」と大塚副代表。仮に抽選の末、佐藤の交渉権を獲得できなくても、1位クラスの即戦力投手は残っているという見立てだ。

今後は9月中旬に予定されているスカウト会議で、佐藤の名が最上位に連ねられているリストを見返し、ドラフト直前に原監督も交えた“ラストチェック”で最終決定する。18年は1位・高橋以外の5人が、19年も2位・太田以外の5人が高校生と、最近2年間は将来性重視のドラフトを展開してきた。今年は即戦力中心で常勝軍団を築き上げる。



佐藤君のスカウト評は
こちら

佐藤君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:01│ │巨人 
ドラフトニュース検索