ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

プロ志望高校生練習会、神奈川ゼロの怪

2020年09月08日

9/8、夕刊フジ26面より
「プロ志望高校生合同練習会」が6日、前日5日に続いて東京ドームで開催。参加した東日本の高校3年生41人のうち、強豪校がひしめく神奈川県の選手はなぜか1人もいなかった。

この日は12球団のスカウト75人が集結。ネット裏から逸材の発掘に熱視線を送りつつ、“神奈川ゼロ”の話題に花を咲かせた。あるセ・リーグ球団のスカウトが神奈川の名門校に問い合わせたところ「スカウトには練習試合で十分見てもらっているので出さない」と説明されたという。

神奈川の高校からは6人がプロ志望届を提出しているが、複数のスカウトは「そのうち、県立高校の2人は見たことがない」という無名の存在。

それだけに「1人も出ていないのは、ちょっとおかしい。練習試合で見たといっても、神奈川はスカウトを独自大会で球場に入れてくれなかったから、十分ではない」と首をひねる。謎が謎を呼び、「神奈川の高野連が出ないように圧力をかけたのではないか」という推理まで飛び出した。

この日の参加者でスカウトの目を引いたのは、中日・石川翔投手の弟で青藍泰斗の石川慧亮外野手(動画)。シート打撃で左翼上段に特大弾を放った。上田西の高寺望夢遊撃手(動画)も5安打を放ち、高評価を得ていた。

コロナ禍で実戦が少なかった球児の救済措置として企画された初の試みには、甲子園球場での8月29、30日を合わせて、4日間で計118選手が参加。ただ、プロ側の掛け値なしの反応は「この中でドラフト(10月26日)で指名されるのは5人もいないと思う」(パ球団スカウト)というシビアなものだった。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 06:52│ │高校 
ドラフトニュース検索