ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

ヤクルト、田沢純一をドラフト指名のウワサ

2020年09月09日

9/9、夕刊フジ27面より 

田沢純一(埼玉武蔵ヒートベアーズ・投手)
180cm・右投右打・動画

プロ野球実行委員会(7日)は日本のドラフト指名を拒否して外国のプロリーグでプレーした選手とは一定期間契約できないとする「田沢ルール」の撤廃を決めた。

2008年に田沢純一投手(動画)がレッドソックスへ入団した際に作られたルールで、高校生が直接米球界入りした場合は帰国から3年、大学生と社会人の場合は2年、12球団との契約が禁じられていた。

7月に独立リーグのBCリーグ埼玉へ入団した田沢は、7試合、1勝1ホールドで、防御率3.86。今年のドラフト会議(10月26日)で指名可能となるが、最有力とみられるのはヤクルトだ。

田沢は吉本興業とマネジメント契約を結んでおり、同社所属のヤクルトの高津臣吾監督、斎藤隆投手コーチ、青木宣親外野手と親交が深い。特に斎藤コーチとはメジャー1年目だった09年チームメートで、メジャーの心得を伝授され、オフには一緒に自主トレを行ってきた間柄だ。

ヤクルトは12球団ワーストのチーム防御率4.62と投手不足が深刻。「ヨソと比べると、使える投手が半分ぐらいしかいない。2軍から昇格してくる投手も、他にいないから上げている」という惨状だけに、中継ぎで計算できる投手は、ノドから手が出るほどほしい。

もっとも、ドラフトだけに、相思相愛でも獲得できる保証はない。ヤクルトは2003年にマック鈴木を下位で指名する予定だったが、オリックスに2位で先に指名されてしまい、逃したことがある。今年のドラフト会議は目玉不足だけに、さまざまな駆け引きがみられそうだ。



田沢君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:04│ │ヤクルト 
ドラフトニュース検索