ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

平内龍太(亜大)、伯父のソフトBスカウトの前で快投

2020年09月10日

日刊スポーツwebsiteより (source)

平内龍太(亜細亜大・投手)
186cm・右投右打・動画

亜大のドラフト上位候補、平内龍太投手(動画)が、7球団19人のスカウトの前で5回を3安打2失点。3月25日に右肘クリーニング手術を受けてからの復活をアピールをした。

序盤はスプリットで打者の目線を外しながら、150キロの真っすぐで空振りに。2巡目からは縦のスライダーにツーシームで打者を翻弄。4回には2点本塁打を浴びるも、この回を除く4イニングで7三振を奪い、自己最速を1キロ更新する154キロも記録した。

「今日は試合を作ることを意識しました。思い通りの投球ができました」と手応えをつかんだ。伯父のソフトバンク・永井編成育成本部長兼スカウト育成部長のプロ現役時代を見て育った。幼稚園のころは、地元神戸で試合があると、家族で応援に出掛けた。「伯父さんはかっこよくて、僕の自慢でした」。

小1で野球を始めると、お正月にキャッチボールの相手をしてもらうのを楽しみに、伯父の武器であるフォークを見よう見まねで練習した。高校時代は「エースになったらグローブを買ってやるぞ」という言葉を支えに、苦しい練習にも歯を食いしばった。

3年春にかなえ「伯父さんのようなプロ野球選手になる」と思いを込め「夢」と刺しゅう。「使い込んでボロボロになったけど、今でも宝物です」と、今は寮の部屋に飾ってある。

スタンドでは永井編成育成本部長兼スカウト育成部長も観戦。「僕の中では小さい頃で止まっているので、不思議な感じです。プロのスカウトに見てもらえるような選手になるなんて。成長したなと感じますね」と温かく見守った。

追い掛け続けた伯父の背中。平内は「久しぶりにいい投球を見せられました。秋のリーグ戦は先発投手として結果を残したい」。同じ舞台に立つ夢をかなえるために。勝負の秋がくる。

(9月9日 オープン戦 亜大 7―2 明大)



平内君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 06:53│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索