ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

森翔平(三菱重工神戸・高砂)、中日・阪神が高評価

2020年09月10日

中日スポーツwebsiteより (source)

森翔平(三菱重工神戸・高砂)
投手・175cm・左投左打・動画

来年のドラフト候補に挙がる三菱重工神戸・高砂の左腕、森翔平投手が9日、都市対抗野球近畿地区第二次予選のパナソニック戦に先発。8回に決勝本塁打を浴びて敗戦投手となったが、自己最速タイとなる149キロの直球を軸に、チェンジアップやカットボールを駆使して8イニングを被安打4の1失点、8奪三振。

ネット裏で視察したスカウト陣から「来年のドラフト上位候補」と高評価された。

森は鳥取市出身。鳥取商では3年春の県大会で優勝したが、甲子園経験なし。関大では3年春からベンチ入りも、先発として活躍したのは4年の秋。関西学生リーグの秋季リーグ優勝の原動力となり、昨秋の明治神宮大会では準優勝に貢献した。

三菱重工神戸・高砂への就職が内定していたため、プロ志望届は出さなかったが、スカウト陣からは「立命大の左腕、坂本裕哉投手(昨秋ドラフト2位でDeNA入団)よりも上」と評されたほど成長著しい左腕だ。

社会人1年目の今年は活動自粛期間に「ストレートの質を向上させることに努めた」。右打者の外角直球がシュート回転していたため、この軌道が真っすぐになるよう矯正を図ったという。

大学時代にも149キロを計測したことがあり、この日は自己最速タイをマーク。中盤からギアを上げると146、147キロを連発した。

中日・米村チーフスカウトは「左投手が成功する第一条件は制球力と思っている。森はまずコントロールが良い。変化球も豊富。カットボールに落ちる球(チェンジアップ)も持っている。阪神の能見をほうふつとさせる」。阪神の田中秀太スカウトも「スピードも十分。間違いなく来年の上位候補」と話した。

(9月9日 近畿地区2次予選 パナソニック 1―0 三菱重工神戸・高砂)


森君は来年のドラフト対象選手です。ピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。



draftkaigi at 06:56│ │中日 | 阪神
ドラフトニュース検索