ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

巨人ドラフトで最低5人指名へ、余剰戦力10人の行方

2020年09月16日

9/16、日刊ゲンダイ31面より
15日にも優勝マジックが点灯する巨人。それでも二、三軍の選手は戦々恐々としているそうだ。先日、大塚淳弘球団副代表が「今(支配下登録選手が)69人なので(来季の)スタートを63、64人にしたい。(ドラフトで)最低5人は本指名する。64人にするには、10人を(契約から)外すか育成に持っていくしかない」とリストラ構想を語ったからだ。

巨人は今季、すでに3件のトレードを成立させている。楽天からウィーラー、高梨を立て続けに獲得すると、2人はチームを牽引。

さらに澤村拓一をロッテに放出した3件目のトレードは、球界を驚かせた。巨人では制球難に苦しみ、二、三軍を行ったり来たりだったが、移籍したロッテでは2試合で打者6人に対し4奪三振。被安打はゼロで四球も与えておらず、早くも勝ちパターンのリリーフ陣に組み込まれている。

さる球界関係者がこう言う。

「澤村に続けと、巨人でトレードを望む選手が増えているそうです。10人が整理されるとなれば、普通は年上から。2年間で一度も登板のない39歳の岩隈は当然その対象だろうが、38歳の亀井、中島、37歳の大竹といったアラフォー勢が、一軍で戦力になっていて、来季も現役続行が濃厚。もっと下の世代が危ないともっぱらですからね」

くすぶっている30歳前後の選手が人員整理の対象になるというわけだ。過去に実績があり、故障もしていないのに、一軍から呼ばれない選手が危ない。

「一時、外野のレギュラーを取りかけた立岡は13日にやっと今季初打席に立ったばかり。かつて中継ぎでフル回転した田原、女子アナとの結婚を発表したばかりの山本、二刀流に挑戦している戸根にしても、今季は一度も一軍昇格がない。FA入団で巨人3年目の野上は手術明けとはいえ、先発にもリリーフにも枠はなさそう。

年俸3億円の陽は、一軍の外野陣に割って入ることができず、二軍の肥やしになっている。契約は来年まで残っていて、年俸が高すぎることもあってトレードは難しいだろうが、野上同様、FA組なのにジリ貧状態。大物では正捕手だった小林も例外ではない。この辺りは一軍で実績があるので、澤村のようにトレードで他球団に出たい選手は多いと聞きます」(前出の関係者)


人員整理の波はアラフォーよりアラサーに押し寄せる。コロナ禍の特例措置として、今季のトレード期間は9月末まで。切られる前に「他球団に出して欲しい」と願い出る選手が“順番待ち”することもありそうだ。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 07:08│ │巨人 
ドラフトニュース検索