ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

森木大智(高知)、ソフトB「中四国ではぶっちぎり」

2020年10月12日

日刊スポーツwebsiteより (source)

森木大智(高知高・投手)
184cm・右投右打・動画

高知が昨秋四国王者・明徳義塾との決勝で、延長12回まで1-1で譲らず、県高野連の規定により日没コールドで引き分け再試合となった。

2年生の最速151キロのエース右腕・森木大智投手(動画)が7安打1失点、12奪三振の170球で完投すれば、相手のエース左腕・代木大和投手も11安打1失点、12奪三振の193球で完投。観衆1678人を集めた3時間27分の一戦で互いに譲らなかった。

浜口佳久監督は「いい目をしていたので最後まで任せるという気持ちでした。この試合は森木が投げる、森木で終わるというところなので」と激戦を振り返った。

連打で先制した後、森木は初回に先頭打者への初球で150キロを出し、2回は2球連続で最速タイの151キロ。だが、5回にスクイズで同点とされると、膠着状態に。午後1時44分からの試合は両軍エース合わせて363球を投げ、ナイター設備のない球場は薄暗くなった。

規定では午後5時を過ぎて延長戦の新しいイニングに入らず、また10月からは午後5時で日没コールドとなる。浜口監督はもちろん、明徳義塾を率いて30年の馬淵史郎監督でさえも「初めて」という決勝の再試合。両校とも疲弊のあまり、試合後の選手の取材対応はなくなった。

再試合は3連戦を避けて、13日午後1時半から高知県立春野野球場で行われる。浜口監督は「ナイターあればいいのにと。決着つけたかったですね」と笑みを浮かべた後、「全投手で次は行きたい」と総力戦を予告。1日またぎの死闘に区切りをつける。

▼ソフトバンク・山崎スカウト
「(森木について)直球を投げようが変化球を投げようが余裕がある。ここから1年あるから非常に楽しみ。担当の中四国の中ではぶっちぎりのトップクラス」


(10月11日 高知大会決勝 高知 1-1 明徳義塾)



森木君のスカウト評はこちら

森木君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 06:54│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索