ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

毛利海大(福岡大大濠)、中日「来年が楽しみ」

2020年11月04日

日刊スポーツwebsiteより (source)

毛利海大(福岡大大濠高・投手)
178cm・左投左打・動画

福岡大大濠が3-0で具志川商(沖縄)を下し、17年以来5度目のセンバツ出場を確実にした。来秋のドラフト候補の最速140キロ左腕、毛利海大投手が5安打完封。オリックスからドラフト1位指名された1学年上の153キロ右腕、山下舜平大投手からのエールも励みに快投した。

毛利が雄たけびを上げた。9回2死二塁。渾身の164球目で最後の打者を一ゴロに仕留めると、喜びを爆発させた。夢にまで見たセンバツへ大きく前進。「甲子園でプレーすることを目標に大濠に入った。(センバツに)近づけてよかったです」と声を弾ませた。

1日の1回戦は大分商相手に約150球を投じ、14奪三振で1失点完投。連戦予定だった2日の準々決勝は雨で順延したが、中1日で本調子ではなかった。整体でケアを行ったが、球威も今秋の福岡大会準決勝で記録した最速140キロにはほど遠かった。

それでも試合をつくれるのは成長の証し。「常時130キロぐらいでしたが、打者が振り遅れていた。キレの部分でいい球が行っていたと思う」。粘りの投球で最後まで流れを渡さなかった。

以前は「点を取られるとキレるタイプだった」という。この日もチームは3失策したが、八木啓伸監督も「毎試合ピンチを招いても粘れて行けているのが、成長させている一番の要因」と奮闘をたたえた。

目標であり、あこがれでもある1学年上の山下が、オリックスにドラフト1位指名された。その先輩右腕から、大会前に激励のLINEでエールが届いた。「偉大な先輩がたくさんいる」。甲子園出場がかなわなかった山下の思いも込めた2試合連続完投。魂の熱投だった。

見守ったスカウト陣も称賛が相次いだ。中日・三瀬スカウトは「左腕は魅力だし、スピードが上がっていけば、来年がとても楽しみ。リリースが前まで引っ張ってこれるので、打者には速く見えると思う」と評価。センバツで活躍すれば、一躍全国区になりそうだ。

(11月3日 九州大会準々決勝 福岡大大濠 3-0 具志川商)



毛利君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


draftkaigi at 06:53│ │中日 
ドラフトニュース検索