ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

日ハム2位・五十幡亮汰、プロでの目標は盗塁王

2020年11月17日

スポニチwebsiteより (source)
 
2020日本ハムドラフト2位 五十幡亮汰
中央大・外野手・動画

日本ハムからドラフト2位指名を受けた中大・五十幡亮汰外野手(動画)が東京都内のホテルで契約金7000万円、年俸1100万円で仮契約した。「気持ちが引き締まった」と決意を新たにした五十幡は、サイン色紙にプロの目標を「盗塁王」と書き込んだ。

陸上部に所属していた中学時代に陸上100メートル、200メートルで全国2冠。その時の出場者に現・男子100メートルの日本記録保持者サニブラウン・ハキームがいたことから「サニブラウンに勝った男」が代名詞となったが、「活躍して野球選手として知ってもらいたい」と過去の栄光は断ち切る。

次のライバルは今季50盗塁でパ・リーグ盗塁王に輝いたソフトバンク・周東。日本ハム・西川らの盗塁動画を参考にする勉強家で、周東の盗塁も「スタートがうまい。リラックスした状態で両手を膝について素早いスタート。生で見て感じたい」と分析した。

手動計測ながら50メートル5秒6は、周東の5秒7を僅差で上回る。盗塁では二塁到達まで3秒07。大学通算26盗塁。現在は野球一筋だが「スピードを落とさないように」と陸上競技向けのトレーニングも取り入れている。

「サニブラウンに勝った男」の代名詞は「自分としてはポジティブに捉えて力としている。そこは言われ続けると思う」と話したが、ここから新天地。北の大地の新・韋駄天は「周東に勝った男」を次の目標に据える。



五十幡君のスカウト評はこちら

五十幡君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:06│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索