ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

南要輔(楽天戦力外)、会社員めざして就職活動中

2020年12月30日

12/30、スポーツニッポン6面「惜別球人2020」より 

2016楽天育成ドラフト2位 南要輔
明星大・遊撃手

戦力外通告から約2週間後の11月下旬。プロ野球選手ではなく、南要輔(2016楽天育成2位)は一人の野球ファンとして日本シリーズをテレビで観戦していた。画面越しにエールを送ったのは巨人・松原聖弥。大学の同期生で、野球人生の道しるべになってくれた盟友だ。

「聖弥がいてくれたから、自分もプロ野球選手でいられた。“ありがとう”と言いたいですね」。16年のドラフト会議で南は楽天の育成2位、松原は巨人の同5位で指名を受けた。晴れて2人で明星大から初のプロ野球選手になった。

「聖弥を見に来たプロのスカウトの方が、僕も目に留めてくださったという話を聞いて。そこからプロの世界を意識し始めました」。

希望を胸に飛び込んだプロの世界は想像以上に厳しかった。2軍調整中の1軍の主力選手と自分の実力差に衝撃を受け「支配下の壁を感じた」。一方、松原は支配下契約を勝ち取って階段を駆け上がっていった。「活躍はうれしかったけど、やっぱり悔しかった」というのが本音だ。

会社員としてセカンドキャリアをスタートさせるべく、就職活動にいそしんでいる「今年駄目なら野球はやめると決めていたので、悔いはない。今は楽しみしかないです。野球だけが人生じゃないということを見せたい」。野球で培った経験を糧にして、次のステージへと踏み出す。



下は2016育成ドラフトで楽天が指名した選手です。南要輔は2位指名入団。プロでの成績はこちら

楽天の2016育成ドラフト指名選手
育1 千葉 耕太 花巻東高 投手
育2 南 要輔 明星大 内野手
育3 向谷 拓巳 BFL・兵庫 内野手
育4 木村 敏靖 履正社専門学校 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:55│ │戦力外通告 
ドラフトニュース検索