ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

2021選抜ドラフト候補、小園健太(市和歌山)

2021年01月12日

1/12、日刊ゲンダイ27面「2021選抜、スター&ドラフト候補この4人」より  

小園健太(市和歌山高・投手)
184cm・右投右打・動画

貝塚ヤングに所属していた中学3年夏に全国優勝。「本格派中学生」として知られた投手だった。関西圏の多くの強豪校から声がかかる中、公立の市和歌山への進学を決めた。

貝塚ヤングの川端末吉監督は同校OBで現ヤクルト・川端慎吾の父。中学Vの貝塚ヤングでバッテリーを組んだ強打の捕手・松川が先に同校への進学を決めており相棒から熱心に誘われたのも決め手となった。

185センチ、85キロから最速152キロを投げ込む。関西地区を担当する某スカウトがこう明かす。

「変化球の精度が高い。特にツーシームとチェンジアップが良くて、内野ゴロの山を築かせる。テンポが速く、打たせて取るので、完投しても登板時の球数は100球そこそこで、試合時間も短い。普通、高校生はあそこまで自在に変化球を操れないし、球数も少なく終われません」

課題はあるか。

「直球のMAXは152キロでも、平均は140キロちょっと。プロ入りを視野に入れた時、もう少し上積みが欲しい。スライダーが少し膨らむので、直球の軌道からキュッと曲がれば、さらに良くなる。最近では星稜の奥川(現ヤクルト)、プロでは上原(元巨人など)タイプ。ドラフト1位候補でしょう」(前出のスカウト)

その奥川は高校3年春、優勝候補の履正社相手に、毎回の17三振を奪う3安打完封勝利でドラフト1位の評価を不動のものにしている。



小園君のスカウト評はこちら

小園君のピッチング動画こちら


draftkaigi at 07:04│ │高校 
ドラフトニュース検索