ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

2021ドラフト展望、中スポの見解

2021年01月13日

1/13、中日スポーツ2面より
2021年のドラフト候補は、特に高校生投手で150キロ超の本格派がズラリと並ぶ。市和歌山の最速152キロ右腕・小園(動画)は、世代ナンバーワン投手の呼び声が高い。今春センバツはほぼ当確で、甲子園での投球に注目が集まる。

大阪桐蔭の二枚看板、最速154キロ右腕・関戸(動画)150キロ左腕・松浦(動画)の存在感も光る。軟式で150キロを計測してスーパー中学生と騒がれた高知の最速151キロ右腕・森木(動画)も成長を続けている。

野球をやるためのような名前を持つ明桜・風間球打(動画)は、昨秋に150キロをマークするなど成長株。中京大中京の151キロ右腕・畔柳(動画)は、1学年上の中日1位・高橋宏とも能力は引けを取らないと期待される。

高校生野手では、非凡な長打力を持つ岐阜第一の左打者・阪口(動画)に注目が集まる。投手もこなすが、打者でのプロ入りを目指している。日本ハム・清宮の弟で早実の清宮福太郎(動画)は、規格外のパワーが魅力的だ。

大学生では、大阪桐蔭時代からバッテリーを組む早大の最速151キロ右腕・徳山(動画)捕手の岩本(動画)に注目が集まる。筑波大の左腕・佐藤(動画)、強打を誇る慶大の外野手・正木も見逃せない。社会人ではホンダ鈴鹿のストッパー・八木(動画)らに熱視線が注がれる。


draftkaigi at 07:00│ │ドラフト展望 
ドラフトニュース検索