ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

ドラ1候補に名乗り、佐藤隼輔(筑波大)

2021年01月26日

1/26、デイリースポーツ7面より 

佐藤隼輔(筑波大・投手)
181cm・左投左打・動画

史上2人目の存在を目指す。最速151キロ左腕の筑波大・佐藤隼輔投手(動画)は公立高校時代にスカウトの注目を集めながら、プロ志望届を提出せず。「4年後にドラフト1位で」と野望を明確に掲げていた。

国立大学からのドラフト1位は、96年ドラフトでオリックスに入団した筑波大・杉本友だけ。先輩以来の快挙を目指す佐藤隼は「名前として残るというのはすごく光栄なこと。特別意識するわけではないですけど、なれたらいいな」と周囲の期待にも気負いはない。

しなやかな投球フォームが天性の才能の表れだ。同大学の准教授で動作解析の第一人者・川村卓監督も認めるのが、セットポジションから右足を上げた時の“重心の置き方”。ぶれない立ち姿に、「ちょっと教えられないところだと思っています」と目を見張る。

DeNA・今永のような無駄のないフォームは野球を始めて以来、大きく変えられたことはないという。2年春の終わり頃、球速が一気に上がった。飛躍した要因は2つ。指揮官が確立したジャンプなどの瞬発系トレーニングと、リリース時に力を一点に集中させるコツをつかんだことがきっかけだ。

最速は大学入学当初から7キロアップ。直球とキレ味鋭いスライダーとのコンビネーションで打者を牛耳り、ドラフト戦線の主役をうかがう。



佐藤君のスカウト評はこちら

佐藤君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:50│ │大学 
ドラフトニュース検索