ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

山田大樹(ヤクルト戦力外)が引退、トレーナーめざす

2021年01月31日

1/31、西日本スポーツ2面より

2006ソフトバンク育成1巡目 山田大樹
つくば秀英高・投手

福岡ソフトバンク、ヤクルトでプレーした山田大樹投手(2006育成1巡目)が30日、現役引退の意向を明かした。昨季限りでヤクルトを自由契約となり、昨年末の12球団合同トライアウトに参加したが、獲得の打診はなく決断した。

「14年間いい夢を見させてもらいました。多くの方の支えのおかげ」と感謝を口にした。

茨城・つくば秀英高から育成1位で2007年にソフトバンク入団。11年にパ・リーグの育成出身で初の日本シリーズ白星、12年は育成出身で初めて規定投球回に到達し8勝を挙げた。

昨季は2試合で未勝利。通算88試合に登板し29勝33敗、防御率3・73だった。

昨年10月に第2子の次男が誕生。「家族を養うためにも次の道に」と年明けに区切りをつけた。今後はトレーナーを目指し、医療系の国家資格取得も視野に入れている。現役時代に支えてもらったトレーナーとの縁もあり、東京から名古屋へ転居。夫人の地元でもある地で、第二の人生を踏み出した。



山田は2006育成ドラフト1巡目でソフトバンク入団。プロでの成績はこちら


draftkaigi at 07:00│ │戦力外通告 
ドラフトニュース検索