ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

峯村貴希(日本大)、今秋ドラフト指名めざす

2021年02月21日

スポニチwebsiteより (source)

峯村貴希(日本大・遊撃手)
186cm・右投左打・動画

東都大学リーグ2部の日大が20日、千葉県習志野市の日大グラウンドで社会人の日本製鉄鹿島と今年初のオープン戦を行い、0ー6で敗れた。身長1メートル86の大型遊撃手で今秋のドラフト候補に挙がる峯村貴希主将(動画)は5番・DHで2打数無安打1四球。プロ入りへアピールする1年がスタートした。

初回は痛烈な当たりの一ゴロ。8回は2ストライクから粘り、四球を勝ち取った。無安打ながら社会人投手相手に対応力を見せたが「結果が出なかったので練習不足。バットを振っていきたい」とキッパリ。

ドラフト指名を目指す峯村は「春に1部へ昇格し、秋は日本一を目指している。個人的にも1部に上がらないと(ドラフトに)かからないと思う」と前を向いた。

木更津総合時代はプロ注目の内野手として3度の甲子園を経験。1学年上の早川隆久投手(現楽天)の後ろで遊撃手を務めた。早大から1位で楽天入りし、練習試合などで躍動する先輩の姿に「ニュースで見て刺激になっている。次はプロで対決したい」と意気込む。

高校時は「全国の舞台で結果を出せなかった(甲子園通算27打数4安打)。大学でやり直そうと思った」とプロ志望届は提出せず。日大では持ち味の広角に打ち分ける打撃で1年春に2部リーグで首位打者を獲得し、昨秋は2部リーグ4位の打率・366をマーク。

高校時代より6キロ増量した体で打球に力強さが出てきた。リーチを生かした広い守備範囲と積極的な走塁を見せ「走・攻・守でレベルアップできている。力がついてきた」と手応えを語る。ラストイヤーは圧倒的な成績を残し、先輩と同じステージに立つ。



峯村君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:42│ │大学 
ドラフトニュース検索