ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

花田侑樹(広島新庄)、広島・ヤクルト高評価

2021年03月28日

週刊ベースボールONLINEより (source)

花田侑樹(広島新庄高・投手)
182cm・右投左打・動画

広島新庄は智弁学園との2回戦で敗退(2対5)。出場32校中、練習試合を通じて唯一、無敗で勝ち上がってきたが、連勝は「46」で止まった。エースで四番。今大会、この重責を背負ったのは3人いた。具志川商・新川俊介、京都国際・森下瑠大、そして広島新庄・花田侑樹(動画)である。

花田は「全然、プレッシャーはありません。やっていて楽しいです」と充実感を語る。

144キロ右腕・花田は上田西との1回戦、先発して8回途中無失点に抑えると、左腕・秋山恭平へ継投。0対0の12回裏、花田のサヨナラ打(1対0)で初戦を突破した。広島新庄は鍛え上げられた堅守でリズムをつくり、打線は少ない好機を生かす。花田から秋山へつなぐのが必勝パターンだ。

昨秋の新チーム結成以来、練習試合を含めて46勝無敗。宇多村聡監督は「いかに投手を中心に失点を抑えていくか」とチームの特長を語る。花田も「ゼロで、ピンチになっても何とか抑えて、勝利に導いていけるように丁寧にいきたい」と語っていたが、智弁学園との2回戦では、プランどおりには進まなかった。

広島新庄は2回表、四番・花田の左前打を口火に、二死二塁から平田龍輝の左前適時打で先制。しかし、花田は3回裏に長短4安打を集中され、3失点で逆転を許す。花田はこの回で降板し、チームは2対5で敗退し初のベスト8進出はならなかった。

相手は昨秋の近畿大会の覇者。1回戦では大阪桐蔭を8対6で下した打線の破壊力と、対応力は評判どおりだった。花田はストレートを軸としながら、カットボールを織り交ぜ、打者のタイミングを外すのが持ち味である。「真っすぐに近い軌道で、腕の振りは真っすぐ以上に振る」。

しかし、智弁学園打線は一枚上だった。2巡目以降、追い込まれてからも、変化球についていく粘りがあり、際どい低めのストレートも見極める能力があった。そして、最後は甘く入った真っすぐを痛打されている。

惜敗したとはいえ、今大会、花田にとって飛躍のステージとなった。ワインドアップから、ゆっくり左足を上げ、しなやかな腕の振りはソフトバンク・東浜巨にそっくりだ。1回戦を視察したNPBスカウトも好評価。

「ウチにいる野村(祐輔)のように、コースに投げ分けられる。腕のしなりが良く、好投手らしいスピンしたボールを投げ込む。変化球の精度が高まれば、楽しみです」(広島・苑田スカウト統括部長)

「球の質が良い。球速表示は出ていないかもしれませんが、真っすぐで空振りが取れる。ピッチングをよく知っていますね」(ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク)


(3月27日 センバツ2回戦 智弁学園 5-2 広島新庄)



花田君のスカウト評はこちら

花田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:01│ │ヤクルト | 広島
ドラフトニュース検索