ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

前田銀治(三島南)プロ志望、中日・DeNA高評価

2021年07月21日

7/21、中日スポーツ6面より 

前田銀治(三島南高・外野手)
180cm・右投右打・動画

静岡では今春センバツに21世紀枠で初出場した三島南が静岡商に3-1で競り勝ち、4回戦に進出した。プロ注目の三島南・前田銀治外野手(動画)は4打数無安打だったが、プロ7球団のスカウトは素材の良さを高評価した。

自慢の打撃は4打数無安打。それでも、中堅の守備で見せ場を作った。2点リードで迎えた5回1死一、二塁のピンチ。相手4番・小西の左中間への大きな当たりを、三島南の前田は落下地点へ一直線に走って楽々とキャッチ。好守を好守に見せない打球判断の良さを発揮し、ピンチを防いだ。

「守備はものすごく良かった。周りを考えながらやっているので」と納得の表情で振り返った。

力みが目立ち、初戦で2安打を放ったバットから快音は響かなかった。「タイミングが取れなかった」と頭をかいたが、西武、オリックスなどで本塁打を量産したカブレラを意識したフルスイングは迫力十分だ。

この日は7球団のスカウトが視察に訪れ、中日・近藤スカウトは「スイングは悪くない。肩も足もあるし、守備は打球判断が良かった」と評価。DeNA・中川スカウトも「体の強さ、スイングの強さ、地肩の強さを感じた。高校生外野手としてはスケールが大きい。魅力を感じた」と賛辞を述べた。

高校通算31本塁打の長打力と、投手としても最速143キロの直球を投げる身体能力が際立つ。181センチの長身に、体重は春から7キロ増量して96キロ。ガッチリ体形ながら、50メートルを6秒で走る俊足も備える。

21世紀枠で初出場した今春センバツでは、1回戦・鳥取城北戦で右翼フェンス直撃の三塁打をを放ち、プロ側の評価を一気に高めた。

「進路はプロ一筋で考えている」という右打ちスラッガーは「チャンスで打てなかった今日の悔しさを糧に、一戦必勝でチームのために頑張りたい」と力を込めた。次こそバットで勝利に貢献する。

(7月20日 静岡大会3回戦 三島南 3―1 静岡商)



前田君のスカウト評はこちら

前田君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 10:50│ │中日 | 横浜DeNA
ドラフトニュース検索