ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

パ・リーグ6球団の2021ドラフト総括

2021年10月12日

デイリースポーツwebsiteより (source)
ドラフト会議が終了し、12球団から育成を含めて128選手が指名された。パの各球団はサプライズ指名を連発し、5球団が単独で1位指名。西武も4球団競合の末に交渉権を獲得し、理想的な展開となった。成果が分かるのは来季以降となるが、各球団の狙いが見える指名となった。

【オリックス】
1位で東北福祉大・椋木(動画)を単独指名。補強ポイントであるリリーフでの起用も見据えた補強となった。さらに二遊間強化へ巧みなバットコントロールが光る関大・野口(動画)を2位指名。

3位では強肩捕手の国学院大・福永(動画)、4位も慶大・渡部(動画)、6位はセガサミーの右腕・横山(動画)と即戦力重視のドラフトとなった。高校生は5位の大阪桐蔭・池田(動画)だけだった。

【ロッテ】
井口監督が「チームの一番の補強ポイントだった」と振り返ったドラフトは、大方の予想を覆して1位で市和歌山・松川(動画)を指名。「将来必ずマリーンズそして日本を代表する捕手になる」と太鼓判を押した。

2位で右のパワーヒッター、国士舘大・池田(動画)、3位で三菱自動車倉敷の本格派右腕・広畑(動画)を指名できたことも大きい。

【楽天】
独自路線を貫くドラフトとなった。1位で長距離砲として期待される昌平・吉野(動画)を単独で指名。2位は愛知大の捕手・安田(動画)、3位は三島南の外野手・前田(動画)と、全国的には無名の選手の指名が相次いだ。

石井GMは「名前がすごく分かる方が想像しやすいのかもしれないですけど、スカウトの皆さんはコロナ禍で大変な中でも、選手を担当地区で見てくれている」と説明。5位以下では大学・社会人の3投手を指名し、選手層を厚くした。

【ソフトバンク】
1位は公表していた明桜・風間(動画)で単独指名に成功。2位は大学生ナンバーワン外野手の呼び声が高い慶大・正木(動画)を指名した。今季は投手陣の故障に苦しんだことから、4、5位では即戦力投手も指名。

王会長は「望んでいた通り風間君の交渉権が獲れて、その後の指名も狙い通り。今年は久々に満点と言える結果になったんじゃないか」と振り返った。

【西武】
4球団の競合を制し、1位で西日本工大・隅田(動画)の交渉権を獲得。2位でも筑波大・佐藤(動画)と即戦力左腕のダブル獲りに成功した。森に続く捕手として中大・古賀(動画)を3位指名。

4、5位では素材型の高校生投手、6位では大型遊撃手の白鴎大・中山(動画)とチームの補強ポイントを的確に埋めた。

【日本ハム】
最も多い9選手を指名。将来性を重視したドラフトとなった。1位で長身右腕の天理・達(動画)、2位で強打が売りの千葉学芸・有園(動画)を指名。4位でも左のスラッガー、岐阜第一・阪口(動画)、5位でも中京大中京・畔柳(動画)、7位で大阪桐蔭の大型左腕・松浦(動画)の交渉権を獲得した。

JR四国・水野(動画)は俊足巧打が光る遊撃手。下位は即戦力での起用も見据えて大学社会人選手を指名した。



2021高校生のドラフト候補まとめ

2021大学生のドラフト候補まとめ

2021社会人のドラフト候補まとめ


draftkaigi at 07:00│ │ドラフト総括 
ドラフトニュース検索