ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

2022ドラフト展望(スポーツ報知の見解)

2021年10月12日

10/12、スポーツ報知22面「22年ドラフト展望」より
来年は目玉候補こそいないが、粒ぞろいという印象だ。近畿勢の大躍進に沸いた今夏の甲子園でも活躍した近江・山田(動画)京都国際・森下(動画)智弁和歌山・武元神戸国際大付・楠本(動画)ら有力投手が最終学年を迎える。1年先輩の小園を間近で見ていた市和歌山・米田(動画)の成長にも期待だ。

大学生には、東京六大学に有力選手がそろう。早大・蛭間は浦和学院時代にも高校ジャパンに名を連ねたスラッガー。3年生ながら、慶大・正木と並んで現役最多タイとなるリーグ戦通算10本塁打を記録している。

大阪桐蔭時代に2年春と3年春夏の3度甲子園Vを経験している立大・山田も順調に成長。同最多の59安打を積み重ね、法大の4番・斉藤とともに“打てる二塁手”として注目を集める。

さらに注目なのが、日体大・矢沢(動画)だ。173センチ、70キロと小柄な左腕だが、抜群の身体能力を誇り、「4番・投手」を任される二刀流だ。本人は投打両方でプロ入りを狙っている。東大の強肩捕手・松岡(動画)京大の194センチ右腕・水口(動画)もプロ入りを狙える好素材だ。


draftkaigi at 07:03│ │ドラフト展望 
ドラフトニュース検索