ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

DeNA1位・小園健太、三浦監督「ずば抜けた投手」

2021年10月13日

10/13、スポーツニッポン7面より 

2021DeNAドラフト1位 小園健太
市和歌山高・投手・動画

ドラフト会議から一夜明けた12日、多くの球団が指名あいさつを行った。阪神との競合を制して市和歌山高・小園健太投手(動画)との交渉権を獲得したDeNAは、三浦大輔監督が、オンラインでサプライズ登場。将来のエース格へとして期待を込めた。

初対面はまさかの形となった。会見が始まると思った小園の前のプロジェクターに現れたのは、記者ではなく、まさかの三浦監督。“番長記者”によるサプライズだった。

すると「大丈夫? 聞こえてる?」と心配するオンラインならではのトラブルが発生。そのおかげで、小園の不安は吹っ飛んだ。「テレビで見ていた時は、怖そうな感じがあったんですけど、実際に話してみて優しそうだなと思いました」とホッとした。

指揮官の期待は大きい。DeNAが高校生投手を1位指名したのは13年の松井(現楽天)以来で、交渉権を獲得したのは11年・北方以来10年ぶり。最速152キロ右腕の実力を「ストレートでも三振が取れてキレのある変化球を操れている。高校生でもずば抜けた投手」と絶賛した。

「ベイスターズを背負って、日本を代表する投手に育ってほしい」と言葉をかけると、小園も「チームを背負えるようなエースになりたいと思っています」と目を輝かせた。

チームの全面サポートも約束した。小園は横浜に行ったことがなく「和歌山と違って都会だと思うので、人に酔わないようにしたい…」と不安をポツリ。

三浦監督も、同じく隣接する奈良から高卒で横浜に巣立ったとあって「住めば都。みんな声をかけると思うので、遠慮なく話してくれれば」と助言。「同じ関西人としてまた会えるのを楽しみにしています」と続けた。

将来のエース候補。指揮官がかつて背負い、現在は空位となっているエースナンバー「18」の有力候補でもある。「小園君の方がボールも速くて変化球のキレも抜群」と認める。そんな右腕は「1年目でしっかり1軍で投げるのを目標にしています」と誓った。新たな師弟関係がスタートした。



下は2021ドラフト会議でDeNAが指名した選手です。1位指名・小園君のスカウト評はこちら

DeNAの2021ドラフト指名選手
1位小園 健太市和歌山高投手
2位徳山 壮磨早稲田大投手
3位粟飯原 龍之介東京学館高内野手
4位三浦 銀二法政大投手
5位深沢 鳳介専大松戸高投手
6位梶原 昂希神奈川大外野手



draftkaigi at 11:01│ │横浜DeNA 
ドラフトニュース検索