ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

巨人3位・赤星優志、スカウト「大学生で安定感No.1」

2021年10月16日

10/16、スポーツ報知終面より 

2021巨人ドラフト3位 赤星優志
日本大・投手・動画

巨人からドラフト3位指名を受けた日大の赤星優志投手(動画)が15日、都内の同大で水野スカウト部長らから指名あいさつを受けた。制球力抜群の“和製マダックス”は「自分の仕事をしっかりして、優勝に貢献できるように頑張ってきたい」と所信表明した。

6人きょうだいの末っ子。高校3年時のドラフト指名漏れから、たくましくはい上がり、即戦力として来季の先発ローテ入りが期待される。

誠実さがにじみ出た。赤星は「(ドラフトで)呼ばれた瞬間は実感が湧かなかったんですが、日にちがたって、『プロに入れたんだな』という気持ちが大きくなりました。(祝福の連絡?)友達が少ないので、そこまで多くなかったと思います」と笑った。

兄2人、姉3人の6人きょうだいの末っ子。兄たちの影響で野球を始めた。日大鶴ケ丘高3年時にはドラフト指名漏れを経験したが「正直、そこまで行けるとは思っていなかったので、大学4年間で頑張ろうと思いました」と切り替えは早かった。

日大では体作りから見直し、技術面ではプロ選手の動画を参考にしながら研究を重ねた。

巨人・片岡治大3軍野手総合コーチの兄でもある片岡昭吾監督は「(赤星は)しっかりしているし、甘えん坊だったり、そういうところは全く見えないですね。自分のペースを崩さずにできて、柔軟性もある選手」と証言する。末っ子らしくたくましく育ち、指名漏れから4年後に即戦力としてプロの扉をこじ開けた。

最大の武器は抜群の制球力だ。昨秋までは力投型だったが、片岡監督の「3球で抑えろ」という指令のもと、ツーシーム、カットボールに磨きをかけ、打たせて取ることを覚えた。今春の東都入れ替え戦で1部昇格の立役者となると、この秋は国学院大戦、中大戦と2試合連続完封した。

そんな“和製マダックス”への評価はもちろん高く、巨人・水野スカウト部長は「(大学生の中で)一番安定感がある。春先からローテーションを狙える投手になってもらいたい」と期待した

赤星も、対戦したい相手にヤクルト・村上を挙げ「自分の仕事をしっかりできればと思います。優勝に貢献できるように頑張っていきたいです」と意気込んだ。22年は、先発6人兄弟の末っ子としてV奪回を目指す。



下は2021ドラフト会議で巨人が指名した選手です。3位指名・赤星君のスカウト評はこちら

巨人の2021ドラフト指名選手
1位翁田 大勢関西国際大投手
2位山田 龍聖JR東日本投手
3位赤星 優志日本大投手
4位石田 隼都東海大相模高投手
5位岡田 悠希法政大外野手
6位代木 大和明徳義塾高投手
7位花田 侑樹広島新庄高投手



draftkaigi at 07:29│ │巨人 
ドラフトニュース検索