ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

広島7位・高木翔斗、スカウト「4番を打てる力ある」

2021年10月27日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2021広島ドラフト7位 高木翔斗
県岐阜商高・捕手・動画

体も目標もでっかく本塁打王! 広島からドラフト7位で指名された県岐阜商・高木翔斗捕手(動画)が26日、岐阜市内の同校で指名あいさつを受けた。高校通算20発を誇る長距離砲で、未来の4番候補の期待がかかる。「打てる捕手」を目指し、プロの舞台に足を踏み入れる。

高校生離れした大きな体格が、豊かな未来を感じさせる。身長188センチ、体重92キロの大型捕手。プロでの目標を問われると、高木は迷うことなくハキハキと答えた。

「ホームラン王を取れるような選手になりたい」。全国屈指の強豪・県岐阜商で2年から4番を務めた。高校通算20発で「広角に打てる打撃と、逆方向に伸びる打球が打てるのが自分の強みです」と言い切った。

担当の広島・松本スカウトは「リストが強くて、会沢みたいに勝負強く、右でも左でも、どこでもホームランが打てる。4番を打てるくらいの力は持っていると思う。相当期待している」と明かした。

「食トレ」で、強固な体を作り上げた。高校では下宿の1人暮らしで、近所でOBが経営する喫茶店「ベルエポック」に入学直後から朝・昼・晩と通い詰めた。

「とにかくお米をたくさん食べるようにしています」と、1日で白米を最低2000グラム食べるノルマを課し、合宿中など多い時では2500~3000グラムを食べていた。入学時は81キロ程度だった体重も、大幅に増やした。

プロ入り後も「食トレ」を続ける予定で「故障しない体が武器。体作りを第一にしたい」と、まだまだ満足してはいない。

小学校時代から捕手一筋でプレー。広島の若手では坂倉を筆頭に、石原、中村奨と「打てる捕手」のライバルが多いが「捕手一本で頑張っていきたい。自分の存在感をアピールできるようにやっていきたい」と捕手にこだわり、競争を勝ち抜く。

昨季で現役を引退した同校OBの石原慶幸氏は、長年正捕手としてチームを支えた。面識はないが「高校の大先輩の背中を追って、また追い越せるような選手になれるように頑張りたい」と気合。「捕手はグラウンドの中の監督。将来カープを引っ張っていけるような大きな選手になっていきたい」。

野心あふれる若武者が「強打の捕手」を目指し、プロの門をたたく。



下は2021ドラフト会議で広島が指名した選手です。7位指名・高木君のスカウト評はこちら

広島の2021ドラフト指名選手
1位黒原 拓未関西学院大投手
2位森 翔平三菱重工West投手
3位中村 健人トヨタ自動車外野手
4位田村 俊介愛工大名電高内野手
5位松本 竜也ホンダ鈴鹿投手
6位末包 昇大大阪ガス外野手
7位高木 翔斗県岐阜商高捕手



draftkaigi at 07:03│ │広島 
ドラフトニュース検索