ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

オリックス1位・椋木蓮、中野(阪神)との対決心待ち

2021年11月06日

11/6、デイリースポーツ4面より 

2021オリックスドラフト1位 椋木蓮
東北福祉大・投手・動画

オリックスからドラフト1位指名を受けた東北福祉大・椋木蓮投手(動画)が5日、仙台市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1600万円で仮契約を結んだ。背番号は15。プロでは同大の3学年先輩となる阪神・中野との対決を心待ちにした。(金額は推定)

真っ向勝負を挑みたい。プロ1年目の今季に盗塁王。さらに6日からCSファーストSに出場する中野について椋木は「1年目からレギュラーで出て自分自身の励みにもなっています」。間近でプレーを見てきた先輩の活躍がモチベーションのひとつだった。

今度は同じプロの舞台に立つ。「身近だった人がプロで活躍しているということが、自分の中でも早く(プロで)やりたいという(気持ちになる)」。来季交流戦などで対決する可能性もあり「楽しみです」と気持ちを高ぶらせた。

自身に掲げる目標は「100勝&100セーブ」。まず見据えるのは先発かリリーフかを見極める来年春季キャンプ。「体も鍛えないと」。年内は球速アップを目刺し筋力強化に励んでいく。

直球の最速は154キロ。大学では先発、中継ぎ、抑えで登板してきた。愛称は親しみが持てそうな「ムック」。この日披露したサインにも「ムック レン」と大文字で記した。「プロでも、そう呼ばれたい」。柔和な笑顔が印象的だ。

この日の仮契約前には社会人のTDKとのオープン戦に登板し2回無失点。会見に同席した福良GMも「先発ならエース、後ろならクローザーで頑張ってほしい」と大きな期待を寄せている。猛虎での活躍を見せた先輩との勝負を楽しみにプロのマウンドへ向かう。



下は2021ドラフト会議でオリックスが指名した選手です。1位指名・椋木君のスカウト評はこちら

オリックスの2021ドラフト指名選手
1位椋木 蓮東北福祉大投手
2位野口 智哉関西大内野手
3位福永 奨国学院大捕手
4位渡部 遼人慶応大外野手
5位池田 陵真大阪桐蔭高外野手
6位横山 楓セガサミー投手
7位小木田 敦也TDK投手



draftkaigi at 07:00│ │オリックス 
ドラフトニュース検索