ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

広島7位・高木翔斗、スカウト「体大きいが動ける」

2021年11月09日

スポニチwebsiteより (source)

2021広島ドラフト7位 高木翔斗
県岐阜商高・捕手・動画

広島からドラフト7位で指名された県岐阜商の高木翔斗捕手(動画)は8日、岐阜市内のホテルで契約金2000万、年俸450万の仮契約を結んだ。

1メートル88の長身で、来季は巨人・大城(1メートル87)を抜いて現役の日本人捕手トップとなる。球界では、いずれも1メートル70のソフトバンク・甲斐、西武・森ら小兵捕手が活躍中。「身長が高くても、動ける捕手だと言われるように頑張りたい」と話す姿は、囲まれた記者よりも頭一つ抜けていた。

ソフトバンク、マリナーズなどで活躍した城島健司氏に憧れる。同氏も1メートル82と高身長。恩師の鍛治舍巧監督からは「打てる捕手と言えば城島」と伝えられ、プレー動画を見て体の使い方などを勉強してきた。高校通算20本塁打と強打自慢の高木にとっては、まさに理想の存在だ。

「城島さんのような打てる捕手、矢のような送球を目標にやってきました。肩は強いので、捕ってからの早さやフットワークをさらに磨いていきたい。僕もビックリするような送球をしたいです」

担当の松本有史スカウトからは「体が大きいけど、動けるし肩も強い。これからの練習次第でどんどん良くなっていくと思う」と捕手としての能力も高く評価された。

「打撃が自分の強み。カープの主軸として本塁打王を獲れるような選手になりたいです」。文字通りの大型捕手として、見上げるばかりの成長曲線を思い描いている。



下は2021ドラフト会議で広島が指名した選手です。7位指名・高木君のスカウト評はこちら

広島の2021ドラフト指名選手
1位黒原 拓未関西学院大投手
2位森 翔平三菱重工West投手
3位中村 健人トヨタ自動車外野手
4位田村 俊介愛工大名電高内野手
5位松本 竜也ホンダ鈴鹿投手
6位末包 昇大大阪ガス外野手
7位高木 翔斗県岐阜商高捕手



draftkaigi at 07:00│ │広島 
ドラフトニュース検索