ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

ロッテ育成2位・速水将大、スカウト「守備センスあり」

2021年11月11日

スポーツ報知websiteより (source)

2021ロッテ育成2位 速水将大
富山GRNサンダーバーズ・遊撃手・動画

ロッテから育成ドラフト2位で指名されたBCリーグ・富山GRNサンダーバーズの速水将大内野手(動画)が10日、富山・高岡市内のホテルで仮契約を結んだ。支度金300万円、年俸300万円(金額は推定)。

速水は「実際に契約を交わして、入団する実感が湧いてきました。前だけを向いて挑戦していきたい」と意気込めば、永野吉成プロ・アマスカウト部長は「(評価した)1番はスローイングの良さで、守備のセンスがある。育成選手でもオープン戦に出場できるので、チャンスをもらえれば、競争の輪に加われる」と即戦力として期待した。

愛読するのは、野球漫画「ONE OUTS(ワンナウツ)」だ。至学館大短期大学部に在籍していた昨年、同漫画を読み、登場人物が語った「可能性が低いってのは、つまりゼロじゃない」という言葉に心を動かされた。

「プロ選手になれる確率はものすごく低い。何事にもチャレンジすることが大事」と速水。同短大を卒業後は、BCリーグ入りを決意し、小学生からの夢だったプロ入りを叶えた。

抜群の守備力に加え、走力も持ち味だ。一塁への到達タイムは3.9秒と、プロ顔負けのスピードを誇る。「サンダーバーズに入団して、トレーナーから陸上関係のトレーニング指導を受けた。やれば結果が付いてくることを実感しました」と手応えをつかんだ。

今後は12月上旬に入団会見に臨み、1月からは新人合同自主トレに参加する予定。「自分の長所を磨き続け、1年目から行けるところまで行きたい」と飛躍を誓った。



下は2021育成ドラフトでロッテが指名した選手です。2位指名・速水君のスカウト評はこちら

ロッテの2021育成ドラフト指名選手
育1位田中 楓基旭川実高投手
育2位速水 将大BC富山内野手
育3位永島田 輝斗立花学園高投手
育4位村山 亮介幕張総合高捕手


draftkaigi at 06:31│ │ロッテ 
ドラフトニュース検索