ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

ドラフト候補目白押し、神宮大会(高校の部)の展望

2021年11月17日

11/17、デイリースポーツ17面より 
明治神宮大会が20日に神宮球場で開幕する。高校の部では今秋の各地区大会を制した優勝校10チームが参加。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、2年ぶりの開催となる大舞台の注目ポイントを紹介する。

打線の活発なチームが出そろった。花巻東(岩手)の主軸は、佐々木洋監督の長男・佐々木麟太郎内野手(動画)。身長183センチ、体重117キロの規格外な体格から、今秋東北大会終了時点で高校通算47本塁打を量産した左の大砲だ。

主将の田代旭捕手も「佐々木麟太郎を中心としたバッティングを見せていきたい」と意気込む。怪物スラッガーにとっては初の全国舞台。高校通算歴代最多とされる111本塁打の早実・清宮幸太郎(日ハム)以来となる打者のスターが誕生するのか。目が離せない。

九州国際大付(福岡)も今秋の九州大会4試合で43得点と破壊力抜群だ。1年生4番・佐倉俠士朗内野手は182センチ、104キロと恵まれた体格を生かしたパワーが持ち味。同じく左の強打者である花巻東・佐々木麟との競演にも期待が懸かる。

明秀学園日立(茨城)はハワイ育ちの主将・石川ケニー外野手、ソフトバンク・小久保2軍監督のおい・小久保快栄内野手ら野手にタレントがそろう。

強打が自慢の3校に加え、侍ジャパン高校代表前監督の永田監督率いる日大三島(静岡)、そしてクラーク(北海道)と10校中5校が初出場とフレッシュな顔ぶれだ。

投手で注目は広陵(広島)エース右腕・森山陽一朗投手だ。181センチの長身から140キロ超の直球が武器。今秋の広島大会では背番号20だったが、続く中国大会で背番号1を奪取するなど成長が著しい。大舞台で躍動すれば、来秋ドラフトの筆頭候補として名乗りを上げる可能性は十分ある。

敦賀気比(福井)は上加世田頼希投手、渡辺優斗捕手の侍ジャパン中学代表バッテリーがけん引する。大阪桐蔭(大阪)は、中学時代にカル・リプケン12歳以下世界少年野球日本代表で世界一を経験した1年生左腕・前田悠伍投手(動画)がカギ。国学院久我山(東京)高知(高知)も総合力で勝負する。


draftkaigi at 08:04│ │高校 
ドラフトニュース検索