ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

佐倉俠史朗(九国大付)、ソフトバンク高評価

2021年11月24日

11/24、西日本スポーツ5面より 

佐倉俠史朗(九州国際大付高・一塁手)
183cm・右投左打・動画

結果的には完敗も強烈な爪痕を残した。先頭打者で迎えた2回。九州国際大付の佐倉(動画)が、右翼席へライナー弾をたたきこみ観衆8500人の度肝を抜いた。高校通算8本目で、今大会初となる先制ソロ。

敗れた悔しさをかみしめつつも「これまで4番として活躍できていなかったけど、持ち味の長打力を出せた」と一発には納得した。

直前の準決勝第1試合で、花巻東(岩手)の佐々木が高校通算49本目となる同点3ランを放った。183センチ、117キロの佐々木に対し佐倉も182センチ、104キロ。大型1年生スラッガーとして比較されており、佐倉も佐々木の1発を目に焼き付けるほど注視してきた。

「本数も含めて自分より全然すごいバッター。今までは彼を(過剰に)意識してしまう部分があったけど、きょうは相手との戦いに専念できた」。目線がぶれないよう低く構えるため、右足を大きく踏み出して下半身を沈み込ませる独特のフォームから外角高めの直球を力強く打ち返した。

3回には黒田が右越えソロ。「横綱」大阪桐蔭を相手に一発攻勢で主導権を握ったが、6回に集中打を浴びて逆転された。佐倉も残る2打席は三振で「もっと長打力と勝負強さを磨きたい」と成長を誓う。

高校時代から同学年の清宮幸太郎(早実-日本ハム)に対抗心を燃やして日本屈指の強打者へ成長を遂げた村上宗隆(九州学院-ヤクルト)のように、佐倉も佐々木に刺激を受けながらさらにスケールを大きくしていく。

▼ソフトバンク・小川GM補佐
「(佐倉について)1年生としては非常に能力が高く、バットの出が速い。花巻東・佐々木君と共通しているのはパワーも柔軟性もある点。打つことに関しては楽しみで、可能性を見せてくれる」


(11月23日 明治神宮大会準決勝 大阪桐蔭 9―2 九州国際大付)



佐倉君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:17│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索