ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

飯塚悟史(DeNA戦力外)、第二の人生は球団職員

2021年12月20日

神奈川新聞websiteより (source)

2014DeNAドラフト7位 飯塚悟史
日本文理高・投手


横浜DeNAを自由契約になった飯塚悟史投手(2014ドラフト7位)が今季限りで現役を引退することが19日、球団関係者の話で分かった。「やるべきことはやってきた。悔いがないわけではないが、野球ができる場所がなければやめるのが一番」と周囲に話しており、球団職員として第二の人生を歩み出す予定だ。

新潟・日本文理高からドラフト7位で2015年に入団。最速151キロを誇る大型右腕は17年8月30日の中日戦で初勝利を挙げ、先発ローテーションの一角として期待されてきた。

しかし、度重なる肘の故障に苦しみ、「与えられた仕事で首脳陣の信頼を勝ち取っていきたい」と19年シーズンからはリリーフとして生き残りを懸けてきた。落差の大きなフォークボールの回転数は、ソフトバンクの千賀と並ぶほどの武器の一つだった。

ここ2シーズンは1軍登板がなく、今年8月には右肘のクリーニング手術を受けた。12月8日の12球団合同トライアウトでは最速144キロを記録。決め球のフォークで三振も奪ったが、獲得オファーは届かなかった。プロ7年間で23試合に登板し、2勝10敗、防御率5.29。



下は2014ドラフトでDeNAが指名した選手です。飯塚悟史は7位指名入団。プロでの成績はこちら

DeNAの2014ドラフト指名選手
1位 山崎 康晃 亜細亜大 投手
2位 石田 健大 法政大 投手
3位 倉本 寿彦 日本新薬 内野手
4位 福地 元春 三菱日立PS横浜 投手
5位 山下 幸輝 国学院大 内野手
6位 百瀬 大騎 松本第一高 内野手
7位 飯塚 悟史 日本文理高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:41│ │横浜DeNA 
ドラフトニュース検索