ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

北村恵吾&森下翔太(中央大)、ともにプロ志望表明

2022年01月10日

日刊スポーツwebsiteより (source)
東都大学野球リーグの中大が9日、東京・八王子市内の同大グラウンドで練習始めを行った。今年のドラフト候補に挙がる北村恵吾内野手(動画)と森下翔太外野手(動画)は、チームの日本一とプロ入りを力強く宣言した。

森下、北村の「練習パートナー」は今年も健在だ。この日、選手たちは早朝から施設の掃除にランニング、キャッチボールで始動。その後、北村と森下は室内練習場へ移動し、2人でティー打撃で1箱分の球を打ち込み、初日の練習を終えた。

森下は「いつも2人で練習しているので、恵吾は細かい変化に気付いてくれる。今日はポイントが少し前になっていたくらい。すぐに修正できそう。例年よりも動ける状態ですね」と、新年のスタートに自信を見せた。

北村は運も味方につけた。家族と初詣に訪れた多賀大社で引いたおみくじは大吉。「大吉なんて3年ぶりくらいかな。久しぶりですよ」と笑顔。「願いごと」の項目には「かなうのは難しいが、案外簡単にかなう」と書かれていた。

「プロは難しい道だけど、おみくじにそう書かれていたので、うれしくて。頑張ろう、と思いました」と験担ぎ。友人たちには「プロに行くのを待っとるで」と見送られ、「応援してくれる人たちがいる。いい報告ができるようにしたい」と、気持ちを新たに練習始めに臨んだ。

森下もまた「プロ1本でいきたいと思います」と明言。「今年は本塁打にこだわっていきたい。首位打者のタイトルを取って日本一が目標です」と誓った。

清水達也監督は「北村、森下が中心」と期待する。声だしに練習メニューへ積極的に取り組むなど、すでにチームを引っ張る姿勢が現れているという。「チームを引っ張る意識が出て、変わってきている。これを続けていこうと話している」と早くも手応えを口にする。ドラフト候補2人が、チームにいい影響を与え、中大は、強さを増している。



北村君のバッティング動画はこちら

森下君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:00│ │大学 
ドラフトニュース検索