ドラフト会議情報局 2022高校生ドラフト候補 2022大学生ドラフト候補 2022社会人ドラフト候補
2022ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

松尾汐恩(大阪桐蔭)、中日「上位指名に入ってくる」

2022年08月15日

8/15、スポーツ報知4面より 

松尾汐恩(大阪桐蔭高・捕手)
179cm・右投右打・動画

主役は3番の松尾(動画)だ。15―0の8回先頭、真ん中直球を捉えて左翼スタンド最前列へ運ぶと、9回には再び左翼席へ甲子園通算5号となる2打席連続の2ラン。「しっかりバットを出して、外野に運ぶことができた」。

甲子園3季連続アーチは史上7人目で、甲子園での5本塁打以上は史上10人目。先発全員安打、全員得点を記録した打線の中で、4安打5打点とひときわ輝いた主砲は「1打席目で打てなかったのは心残り」と唯一の凡退を悔やみ、あくなき向上心をのぞかせた。

現チームでは唯一、昨夏から主力で、副主将も務める。その責任感からか、今春までは長打を狙う傾向があったが、そんな姿勢にクギを刺された。3月上旬の練習試合で1試合2本塁打。

しかし、西谷監督は「目立ちたがり屋なので、ホームランしか狙ってない。『打ったぞ』みたいな顔をしていたので無視しました」と冗談交じりに苦言。

松尾は「大きい打球を狙って空回りしてしまう部分があった」と反省し、現在は「下半身で打つのが自分の打撃」と、余計な力を抜いて打席に立つ。この日もしなやかなスイングと抜群のミート力で2発を放った。

捕手としても好リードで7回まで無失点に封じ、8回からは三塁手に回った。「秋(明治神宮大会)、春と優勝させてもらって、自分たちにしか連覇の権利はない。一戦一戦戦っていきたいと思います」。扇の要を軸に、夏の日本一へまた一歩前進した。

▼中日・米村シニアディレクター
「(松尾について)センバツに比べて粗さ、強引さがなく、素直に打っている。確実性が出てきた。上位指名に入ってくる。捕手で遊撃もできて新しいタイプの選手」

(8月14日 甲子園大会2回戦 大阪桐蔭 19―0 聖望学園)



松尾君のスカウト評はこちら

松尾君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:03│ │中日 
ドラフトニュース検索