ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

怪物1年生・堀越啓太(東北福祉大)、162キロ計測

2022年12月28日

12/28、スポーツニッポン4面より 

堀越啓太(東北福祉大・投手)
184cm・右投右打・動画

大学球界の新星が覚醒だ。東北福祉大の1年生右腕・堀越啓太投手(動画)最速162キロをマークしたことが27日、分かった。

非公式ながらプロ野球日本投手歴代最速の大谷翔平投手の165キロ、2位のロッテ・佐々木朗希投手の164キロにも迫る球速。最速147キロだった花咲徳栄(埼玉)時代は無念のドラフト指名漏れを経験したが、1年で15キロ球速アップを果たし「大谷超え」も視野に捉えた。

忘れられない一球がある。堀越が中1だった16年10月16日、埼玉県飯能市の実家で見ていた日本ハム―ソフトバンク戦。大谷翔平が計測した日本人最速165キロ。テレビの前で「世界レベルだ」と衝撃を受け「自分には無理だ」と思った。

それから6年。大谷との距離は確実に近くなった。茨城県つくば市のトレーニング施設での22日の自主トレ。スリークオーターの右腕をしならせると、測定分析機器ラプソードで162・4キロを計測した。「生涯で目指す数字と考えていた」という大台を160・4キロ、160・2キロと3度も叩き出した。

埼玉の名門・花咲徳栄では、最速147キロ右腕としてプロ注目の存在だったが、昨秋のドラフトでは無念の指名漏れ。進学した宮城の東北福祉大では救援右腕として1年春からリーグ戦に登板し、最速155キロを計測した。

今年はリーグ戦通算8試合で10回1/3を投げ17奪三振をマークして防御率0・87。全国デビューした6月の全日本大学野球選手権では、大会最速の154キロで注目を浴びた。西武時代、外野手として活躍した大塚光二監督の「彼は怪物。160キロは多分いくと思う」という予言が的中した。

約1年での球速15キロアップ。花咲徳栄で引退後に行っていた自主練習が転機となった。30メートルの距離で行う「バレーボール投げ」だ。野球のボールよりも大きなバレーボールは握ることができないため、肩や腕に頼らず全身を使わないと遠く、強く投げることができない。これにより大胸筋など大きな筋肉のパワーを生かす体の使い方のコツをつかんだ。

さらにロッテ・佐々木朗を参考に、足を高く上げるフォームに変更。爆発的な力をボールに伝えるすべを身につけ、球速アップにつなげた。体重も高校時代の87キロを、一時は92キロまで増量しパワーアップ。ただ、効率のいいフォームを手に入れ、現在は2キロ減の90キロでも球速は伸び続けている。

手応えの162キロ。「試合で見てもらいたい。勝利が一番大事だけどホームランや球速は勝敗を超えて魅力的なもの」。6年前に「自分には無理だ」と思った少年が、夢を与える存在になる。



堀越君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:30│ │大学 
ドラフトニュース検索