ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

桜井俊貴(巨人戦力外)、関西地区担当スカウトに

2022年12月29日

12/29、スポーツ報知5面より 
桜井俊貴(2015巨人1位)が次の挑戦に向かう。11月に12球団合同トライアウトを受けたが、NPBからのオファーはなく「やり切ったというのが一番の気持ち」と引退を決断。来年からは球団の関西地区担当スカウトに就任する。

「いい選手を見極めて強い戦力となれるように、スカウトとして巨人の力になれたらと思います」と、違う形でチームに貢献すると誓った。

2019年には自己最多8勝を挙げ優勝に貢献したが、20年以降は3年間で5勝と苦しんだ。忘れられない試合がる。20年10月5日の阪神戦で、援護点をもらった直後に失点。四球を出して大山に勝ち越し2ランを浴びた。試合後、原監督は「あの点の取られ方は、子供ちゃんが野球をやっているようなもの」と厳しい言葉を残した。

その夜、宿舎の食事会場。原監督に呼ばれ、1本の高級ワインを手渡された。その試合で打たれた他の選手と飲み干すと、指揮官からは「ちょっとは大人になったか」と声をかけられた。原監督なりの励まし。試合後の言葉を知っていただけに心が少し軽くなった。

その後も何度もチャンスをもらった。監督室に何度も呼ばれ、たくさん話をした。「腕の振りはチームトップレベルだから」、「もっと自信を持って」。その期待に応えたい一心だった。

引退報告の際には「第二の人生の方が長いから頑張りなさい」と激励された。人生のテーマは挑戦。新しい舞台でチームの戦力となり、球団に、原監督に恩返しする。


下は2015ドラフト会議で巨人が指名した選手です。桜井俊貴は1位指名入団。プロでの成績はこちら


巨人の2015ドラフト指名選手
1位 桜井 俊貴 立命館大 投手
2位 重信 慎之介 早稲田大 外野手
3位 与那原 大剛 普天間高 投手
4位 宇佐見 真吾 城西国際大 捕手
5位 山本 泰寛 慶応大 内野手
6位 巽 大介 岩倉高 投手
7位 中川 皓太 東海大 投手
8位 松崎 啄也 日本製紙石巻 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 15:58│ │戦力外通告 
ドラフトニュース検索