ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

来秋ドラフト展望(中日スポーツの見解)

2022年12月30日

12/30、中日スポーツ1面より
ここ2年間のドラフトは目玉不在の「不作」と評されたが、来年は即戦力候補の大学生、社会人に粒ぞろいの高校生がそろい、現時点では豊作の声が上がっている。

大学生投手では中大・西舘勇陽(動画)東洋大・細野晴希(動画)の他にも、今年の大学日本代表に選ばれた大商大の上田大河投手(動画)も150キロ超えの直球を操る。名城大の松本凌人投手(動画)は横手から最速151キロを誇り、今秋の明治神宮大会でも好投して評価を上げた。

社会人では元ヤクルトの度会博文さんを父に持つENEOSの度会隆輝外野手(動画)が強打でスター性を放つ。

高校生では1年時から全国の舞台で活躍している大阪桐蔭・前田悠伍投手(動画)広陵・真鍋慧内野手(動画)花巻東・佐々木麟太郎内野手(動画)らに加え、享栄の最速152キロ左腕・東松快征投手(動画)、身長186センチの滝川二の坂井陽翔投手(動画)にも注目。

東邦の宮国凌空投手(動画)は最速149キロの直球に力があり、来春のセンバツでさらに評価を上げる可能性がある。

draftkaigi at 08:40│ │ドラフト展望 
ドラフトニュース検索