ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

ソフトバンクの話題の新人、甲斐生海(東北福祉大)

2023年01月19日

1/19、スポーツニッポン4面「球界新士録」より 

2022ソフトバンクドラフト3位 甲斐生海
東北福祉大・一塁手・動画

ソフトバンク3位・甲斐生海(動画)の北九州市にある実家は鮮魚店。海の自然も意識されてか「生海」と名付けられた。カワウソと海釣りの動画が好きで、刺し身フリーク。ブリカマ塩焼き、煮魚、何でも来い。栄養満点で育ち、1メートル84、95キロの弾力性のあるボディーは完成された。

「魚はいけるんですが肉は量がいけないんです。筑後の食堂はサラダがおいしかった」と笑う顔は、22年の時の人にどこか似ている。

昨オフに鮮魚店の店番を手伝ったときにサインを求められ「(ヤクルトの)村上選手ですか?」と言われた。ドラフト2位の大津には「選手発表会見から思ってたけど、まじで似てる。顔よ顔」と目鼻立ちを凝視された。

昨季、56本塁打で史上最年少で3冠王に輝いた強打者に顔の雰囲気がかぶる。実際に同じ左打席で、本家に寄せてプロ入りをたぐり寄せた。

大学4年の夏からバットの構え方を完全にコピーした。打球の飛距離は落とさず広角に長打を放つ技術が付き、秋季リーグで本塁打と打点の2冠につながった。「似ていると言われるのはうれしいんですが、まだまだです」。

目標は謙虚に「まずは2軍戦で10本塁打」と設定したが、いきなりのロックオンも受けた。8日の新人合同自主トレ初日に小久保2軍監督から声をかけられた。「俺より、うまいね」。トスバッティングでの小技を褒められた。

左の大砲として22年の「新語・流行語大賞」の年間大賞となった「村神様」並みのブレークなるか。魚好きの村上似。鮮度も注目度も高い。



下は2022年ドラフト会議でソフトバンクが指名した選手です。3位指名・甲斐君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2022ドラフト指名選手
1位 イヒネ・イツア 誉高 内野手
2位 大津 亮介 日本製鉄鹿島 投手
3位 甲斐 生海 東北福祉大 内野手
4位 大野 稼頭央 大島高 投手
5位 松本 晴 亜細亜大 投手
6位 吉田 賢吾 桐蔭横浜大 捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索